音楽

KingGnu【千両役者】の読み方や意味は?作詞作曲は誰なの?

【千両役者】はNTTドコモ「5G」のCMソングとして書き下ろされた楽曲で、キングヌーの数ある曲の中でもかなりハイテンポなのが印象的です。

本記事では【千両役者】の読み方や意味について解説していきます。

>>KingGnu【三文小説】の読み方や意味は?

KingGnu【千両役者】の読み方

千両役者は『せんりょうやくしゃ』と読みます。

そのまんまといえばそのまんまですね。笑

 

KingGnuは初期の頃は英語のタイトルが多かったのですが『白日』のブレイクから漢字のタイトルが多くなりましたね!

KingGnu【千両役者】の意味


千両役者の意味は以下となります。

千両役者とは、江戸時代に歌舞伎役者の中でも、特に人気を誇り、大衆を魅了した者を表した語。彼等は、1年に千両を超えるほどの高い給金を得た事から、こう呼ばれるようになった。歌舞伎の演目には、千両役者のみで配役される演目も存在したという。

 

1000両を現在に換算すると1億3000万円です。

つまり、年俸1億3千万円の人気歌舞伎役者ということになります!

 

 

江戸時代にも「1億円プレーヤー」的な感じで、一流プロスポーツ選手と同じぐらい高収入の人が存在していたわけですね!

 

もしかすると『千両役者=KingGnu』といった意味も示唆しているのではないでしょうか?

KingGnu【千両役者】の作詞作曲は誰

千両役者の作詞作曲者はKingGnuのリーダーである『常田大希』さんです!

基本的に常田さん中心にKingGnuは回っている印象ですね。

まとめ

  • 千両役者は『せんりょうやくしゃ』と読む
  • 意味は『年俸1億3千万円の人気歌舞伎役者
  • 作詞作曲は『常田大希』さん

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>KingGnu【三文小説】の読み方や意味は?ボーカルは女性なの?