キングヌー (KingGnu)と髭男はどっちが人気?違いについても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

2018~2019年にかけて頭角を現した『KingGnu』と『official髭男dism』は、どちらも若者を中心に人気のバンドグループです。

この2バンドの出現によって日本の音楽シーンが盛り上がりましたね!

そしてどちらも若者に人気です!

今回はそんな『KingGnu』と『official髭男dism』は結局どちらが人気なのか解説していきたいと思います!

キングヌー (KingGnu)と髭男はどっちが人気

結論として人気なのは『KingGnu』の方です。

 

もちろん『髭男』も人気なのは人気なのですが、ちょっと人気の出方というか話題性が違うんですよね。

また、髭男は「Pretender」という曲が大人気なのですがそれ以外の曲があまり話題にならないのに対し、KingGnuは「白日」で一般層の集客に成功した後に、他のコアな楽曲に入り込ませることもできています。

今まで埋もれていた曲がすでにハイクオリティーなので、世間に知られた事によって沼にはまってしまう人が多いみたいです。

 

そして新たに出す曲全てが話題になってしまいます。

 

そしてテレビやCM業界に引っ張りだこなのもKingGnuです。

 

KingGnuはブラックミュージック(黒人音楽カルチャー特有のビートの強いメロディー)をメインに楽曲作成されており、更に高音と低音を担当する二人組のボーカルが存在しており、凄まじく絶妙にマッチしているんですよね。

 

だからそれがものすごく斬新で、普通はアングラだけの人気で終わりそうな特徴なのですが、うまく一般層に馴染んで人気が爆発したんですよね。

本当に今までの地上波で観たこと無いくらいの異色のバンドで中毒性が高く、耳の肥えたコアな音楽ファンにもウケる音楽性を放っています。

キングヌー (KingGnu)と髭男の違い


 

この2グループの違いを明確に表すとすれば”音楽性”ですね!

  • KingGnu → 4人組ミクスチャーバンド
  • official髭男dism → 4人組ピアノPOPバンド

先ほど行ったようにKingGnuはブラックミュージックを取り入れ、シンセベースやその他のいろんな”音”を混ぜているミックス系です。

それに対しofficial髭男dismは、シンプルにピアノPOPということで透き通った音楽性を持っています。

 

リズム感やメロディーも全く違う方向性ですね。

どちらかといえばofficial髭男dismの方がこれまでの日本の音楽シーンに沿った方向性で楽曲を作っている印象を受けます。

個人的に好きなのは

多分ここまで読んだ方はすでにお察しでしょうが、筆者の個人的な好みで言えばKingGnuですね。

 

まあKingGnuを知ったのが2018年の秋でしたから、その頃から「なんかめっちゃ好きだけどアングラだけで活躍しそうな感じするな〜」と思っていたのですが、まさかの『Mステ出演と白日の大ヒット』によって一般に知られるようになりました。

 

古参あるあるですが、どうも人気になりすぎて逆に聴かなくなりましたね・・・笑

 

まあコアなファンは『マクドナルドロマンス』とか『イッツアスモールワールド』あたりが好きなのではないでしょうか?笑

僕がそうです。笑

まとめ

  • キングヌーと髭男はどちらも人気だが、KingGnuの方が人気
  • 違いは音楽性だよ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© parkour time , 2020 All Rights Reserved.