SixTones「Imitation Rain」の読み方や意味は?作曲は誰なのかについても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

SixTonesのデビュー曲であるImitationRainが話題ですね。

Mステでも披露され、多くの視聴者が気になっています。

今回はそのImitationRainの読み方や意味などについて解説します。

SixTones「imitation rain」の読み方や意味

imitation rain は「イミテーションレイン」と読みます!

 

意味としては、翻訳そのままだと「模造雨」という言葉になりますが、これではよく分からないですね。

もっと分かりやすくするならば「ニセモノの雨」というニュアンスになります。

 

ただ、偽物の雨ってよく分かりませんよねw

その他の歌詞の部分と関係するような意味でもないですし、、、こればかりは抽象度が高すぎて意味を考えるのは難しそうです。

 

ただ、PVではずぶ濡れになってるのは確かです。笑

SixTones「imitation rain」の作曲は誰なのか


 

Imitation RainはSixTONESのデビュー曲です。

この曲は、「YOSHIKI(X JAPAN)プロデュースの壮大なロックバラード」として説明されております。

なので作曲はX JAPANのYOSHIKIさんです。

 

あの伝説の方ですね。

視聴者の反応

まとめ

  • 「イミテーションレイン」と読む
  • 作曲はX JAPAN の YOSHIKI

最後まで読んでいただきありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© parkour time , 2020 All Rights Reserved.