パルクールに関する情報&雑多ブログ

KingGnu「TeenagerForever」がダサいけどいい?人気の理由を探ってみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

若い世代に大人気のKingGnuが歌う「TeenagerForever」。

KingGnuが出す曲の中でも一味違ったテイストの曲なのですが、一気に方向性変えてきたな・・・というか、ちょっと思い切り冒険してきたwwwという感想を持ちました。

というのも、ちょっぴりダサさを感じるねですよね!笑

でもこれから話していく「ダサさ」は深い意味があるのでぜひご覧ください!

TeenagerForever ティーンエイジャー フォーエバー

KingGnu「TeenagerForever」がダサいけどいい


 

この曲は「若い心のまま生きようぜ!」的なニュアンスで作られています。

そしてこの曲はKingGnuの数ある曲の中でも異質で、いい意味で”らしさ”が無くなっています!

 

ボーカルの井口さんがいつもより高い声で、少しかすれたような歌い方をしているのも珍しいですね。

ですがコレ、常田大希さんがインタビューで「若気の至りというか、、、ちょっと痛い感じの。」みたいな感じでこの曲を作ったと仰っていました!

なので「計算されたダサさ」なのだと思います!

 

最近では「ダサかっこいい」といったものが流行っていますよね。

DA PUMPのUSAとか、三代目JSBのLa Ta Taとか、そんな感じです。

まあこれらはリズミカルな感じなので、TeenagerForeverとはちょっと違った感じのダサさですかねw

 

この「ダサいけどいい」っていう感覚はものすごくハマる要因になるんですよねw

それは人の心理をくすぐる何かがあるんだと思います!

KingGnu「TeenagerForever」が人気な理由

KingGnuは基本的に全ての曲がハズレなしの最高バンドだと言えます。

なのでTeenagerForeverも人気の1つなのですが、

 

まあこれに関してはSONYのCMで使われていたから視聴者の期待度が一気に高まったからだと思います!

曲ももちろんいいのですが、KingGnuの曲が爆発するのはだいたいあらかじめ広告で流していたり、CMで使われていた曲だったりします。

なのでそれで「もっと聞いてみたい!」という心理も働いているのだと思います。

 

と、言えるのもやっぱり全ての曲が当たり曲だからです。

KingGnuはどんな曲もあらかじめ宣伝的に流していたら全てヒットすると思います。

常田大希さんの鬼才から生まれる曲は、人を惹きつけるパワーを持っているからです。

まとめ

  • TeenagerForeverは計算されたダサさ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パルクール道場 , 2020 All Rights Reserved.