パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

那須川天心のポーズの名前はトリケラトプス拳?由来は刃牙(バキ)からなの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

キックボクサーの那須川天心選手がよくやるあのポーズ。

勝った時とか撮影時だけでなく、余裕があれば試合中にもポーズしますよねw

あのポーズはその後に”KO”を仄めかすような「知らせ」でもあるようでなんとも恐ろしいポーズです。

実はあの”足を前後させて手を前方に上下させるやつ”は元ネタやモデルがあるんです。

今回はそのモデルを紹介していきたいと思います。

那須川天心

  • 本名:那須川 天心(なすかわ てんしん)
  • 生年月日:1998/8/18
  • 出身地:千葉県
  • 身長:162cm
  • 体重:55kg

日本のキックボクサー、総合格闘家。

天才的なセンスとテクニックにより、アマチュア時代から存在感を放ち、プロ転向後もほぼ全ての試合でダウンを奪うなどの軽量級離れしたKO率の高さを誇る最強選手。

16歳でRISEとBLADE王座、17歳でISKA世界王座を獲得、18歳でムエタイ二大殿堂ルンピニー・スタジアム現役王者に1ラウンドKO勝ち、

19歳で2階級上のムエタイ王者に勝利した実績を持ち、『神童』『キックボクシング史上最高の天才』と称され、

得意の左ストレートは『ライトニング・レフト(稲妻の左)』の異名を持ちます。

 

2018年9月31日に行われたRIZIN13では「総合格闘家」の堀口恭司選手と対決し判定勝ちしました。

(堀口恭司選手は那須川選手のキックルールに合わせて対決しましたが素人とは思えない程の接戦でした)

 

そして同年大晦日では無敗のプロボクサー『フロイドメイウェザー』選手とエキシビションマッチをしましたが、圧倒的な差を見せつけられ敗北。(メイウェザーの個体値+体重差やほぼ未経験のボクシングルールが敗因)。

 

また、タブーな話ではありますが同階級であるK-1の武尊選手との対決も待望されていますが、K-1運営側の固い拒否によって実現する可能性は少ししか見えていません)

那須川天心のポーズの名前はトリケラトプス拳


 

未だに若い那須川選手ですが、彼がよくやるあのポーズは『トリケラトプス拳』と呼びます。

 

那須川選手がこのポーズをするときは、勝利の予兆でもあるようです!

アムナット戦では、このトリケラトプス拳の後に強烈でトリッキーなキックを頭部に食らわせて勝利を収めました。

 

解説者は”まるでメイウェザーのようだ” とおっしゃっていましたが、

確かにあのメイウェザーの”笑み”のような不吉な予感を感じさせるポーズでしたね。

 

また、このポーズは入場時や写真撮影でもよくやったりするので、那須川選手のトレードマークでもあります。

 

那須川天心のポーズの由来は刃牙(バキ)からなのか

トリケラトプス拳は那須川天心選手のオリジナルポーズではありません!

実は昔から大人気の格闘漫画『刃牙』がモデルなんですよね。

ちなみにこのトリケラトプス拳が強いかどうかと言われれば、そこまで必殺技的なものでもありませんw

見た目からもそうですが、マンガでも現実でも普通の構えで闘った方が強いです。笑

 

那須川選手は刃牙のように”しっかりと腰を屈める部分”も再現していますねw

ちなみに那須川選手は、刃牙の作者である板垣恵介さんとも親交が深いようです!

↑板垣先生、すごく嬉しそうな笑みを見せていますね!

こんな感じでお互いがファンであり、非常にリスペクトしている感じがたまらなくいいですね!

ちなみに板垣先生は堀口選手ともなんども対談をしたりで、格闘家と広く関係があるようですね!

まとめ

  • 那須川天心のあのポーズは『トリケラトプス拳』と称する
  • ポーズの由来は漫画『刃牙』からモデリングしたもの

最後まで読んでいただきありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2019 All Rights Reserved.