パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

【sumika】ボーカル片岡健太の病気の噂は本当?体調不良の原因や理由についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

幅広い世代に人気を誇るバンドグループ”sumika”のボーカルギターを務める片岡健太さん。

男性らしい落ち着く声色でありながら透き通るような歌声が特徴的です。

女性ファンからは「かっこかわいい」と好感度MAXのようですよ。

そんな片岡健太さんの名前を調べてみると「病気」というワードが出てきたので、今回はその件について深掘りしていこうと思います。

片岡健太のプロフィール

  • 本名:片岡健太
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 生年月日:1987年9月30日(32歳)

sumikaではメインボーカル・ギターを担当しており、楽曲はほとんど片岡健太さんが作詞作曲しています。

また、公式プロフィールには「安いアイスが好きだが2015年に乳製品を受けつけない体質」だということが判明したそう。

【sumika】ボーカル片岡健太の病気の噂は本当なのか


巷で噂となっている片岡健太さんの病気説ですが・・・

病気ではありません!デマです!

 

でもTwitterなど見てみると、もう『病気』という程で話が進んでるんですよね。

「割と重めの病気」「手術とリハビリ」というワードが出てきていますが、実際のところそのような確かな情報は載っていませんでした。

 

ではなぜこのような病気説が流れたのかというと、4ヶ月間の活動休止期間があったからなんですよね。

 

2015年5月から9月までの間に”体調不良”という形で活動休止期間を設けたそうです。

 

”体調不良”という理由だけだとなんだかボカしているような気がして、

実は思い病気なんじゃないのか?

と、ファンはむやみに憶測をした結果「病気」という感じで噂となったようですね。

 

ですがそれは本当に”体調不良”のようでした。(いい意味で)

【sumika】片岡健太の体調不良の原因や理由

当時のsumika の公式ブログには、

喉の不調と頭痛、めまい

以上が原因で歌を歌うことができなくなったんだそうですよ。

 

理由は以下のもの。

  • 歌手として長年喉を使いまくったことにより、頸部が凝り固まってしまい血流が脳に行き渡りにくくなった。
  • ギターを担ぐことによって背骨や肩に大きく歪んでしまった

 

これらを解消すべく活動休止期間に整体などに通ってリハビリ?をして無事に復帰ができたようです!

予定していたライブも全て中止し、喉の治療にも専念したんだそう。

 

 

このような日常的な負荷が身体に積み重なることによって、ある日突然激しい痛みに変わっていくんですから、人間って本当にデリケートな生き物ですよね。

 

また、慢性的な痛みや不調というものもあるので、特に大舞台に立つアーティスト神経質にならないといけませんよね。

バンドグループは特に、ボーカルがダメになってしまうと複数人に支障が出てしまうので恐ろしいですね。

 

特に『喉』はアーティストとして致命的な部分なので、日頃から癒して欲しいものです(お節介)

 

sumikaは2013年に結成されたバンドグループなので、2015年に4ヶ月もの休止期間があったことは大きなダメージだと思います。

ですがその活動休止があったからこそ、復活時にはグループ全体が新たに気を引き締めて再スタートを切れたのではないでしょうか。

一度立ち止まって、一人一人考えて休止期間にしかできない事を磨いていったと思います!

復活してからの勢いが凄まじかったそうなんですよ!

ボーカルさんが体調不良で去年後半はほとんど活動できなかったんだけど、復活してからの飛躍が凄すぎてチケットがとれないの。(Twitter民の声)

だからこそ今、バンドとして花が咲いているのではないでしょうか。(綺麗に終わらせてみた)

まとめ

  • sumikaの片岡健太さんの病気説は単なる噂である
  • 本当は「喉や頭痛、めまい」による体調不良
  • 以上の体調不良により4ヶ月間の活動休止、復活後は飛躍的な活躍

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>【sumika】片岡健太が星野源に似てるけどパクリ?歌声や歌い方を真似してる?

>>【sumika】片岡健太の幼少期や卒アル写真は?兄弟や家族構成についても

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2019 All Rights Reserved.