雑記系

菅田将暉は歌がうまい理由はなぜ?ボイトレや発声練習している?

菅田将暉さんは俳優としてかなり特徴的で、個性的な役をたくさんこなしていますね。

そのためか、菅田将暉さんは『一流俳優』というイメージが定着しています。

なので彼が出す曲には「普通に上手いんだけど」という意外な反応を見せるコメントが多いです。

今回はそんな菅田将暉さんの歌唱力の秘密について解説していきます。

菅田将暉の人気曲

菅田将暉さんが歌っている曲3つを選んでいます。

3つ目の米津玄師さんとのコラボ曲「灰色と青」の印象が強いのではないでしょうか?

菅田将暉は歌がうまい理由はなぜ


 

まず菅田将暉さんを調べてみるとWikipediaでは『日本の俳優、歌手』として記されています。

なので俳優兼歌手として芸能活動をしています。

米津玄師さんとのコラボ曲「灰色と青」で、菅田将暉さんの歌声を初めて聞いた人も多いでしょうが、彼は自分の持ち歌があります。

 

それでも俳優としての認知度が強いため「菅田将暉さんは俳優だけど歌がうまい」という反応が多いんですよね。

 

まあ、結局は”歌手だから歌が上手い”と言ったらそれで解決するのですが、

もっと噛み砕いて解説すると、

俳優をメインとして活動しているが、その傍らミュージシャンとしても強い光を放つ

と言ったほうがふさわしいでしょうか。

菅田将暉はボイトレや発声練習している

このテーマに関しては歌手として当たり前ですよねw

Google検索では「菅田将暉 ボイトレ」などと検索されているので、やはり歌手としてのイメージがないということでしょう。

 

・・・と思ったのですが、

”菅田将暉さんの歌唱力について指摘している”という意味でのボイトレでした!

Twitterの反応を見て気づきました。

やはり歌手としての活動をメインでやっているわけではないので、耳が肥えている人からしたら歌唱力の粗が目立つそうですね!

確かにそう言われてみると、声質などのポテンシャルは凄く高いのにどこかもったいない声の出し方をしているように思えてきました!笑

 

かすれ声が気になりますね!笑

 

ボイトレして腹の奥から響き渡るような声の出し方を覚えればミュージシャンとしてもっと名を成すことができそうです!

 

やはり俳優やってる時と歌ってる時の喉の使い方は違ってきますもんね。

感情を表現するのが俳優ですが、歌手に関してはどれだけ聴き心地の良い声を出せるかが重要になってくると思います。

 

菅田将暉さんはいい喉を持っていらっしゃるので、俳優とは別の音を届けられるとマルチアーティストとしてさらに輝きを放ちそうですね。

今後の活躍に期待しています。

まとめ

  • 菅田将暉が歌が上手い理由は歌手としても活動しているから
  • 菅田将暉はもっとボイトレしたらポテンシャルが発揮されると言われている

最後まで読んでいただきありがとうございました!