パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

ユーチューバーは社会のゴミでいらない?くだらないしテレビのパクリ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

ユーチューバーは今もなお日本社会において多くの人から軽蔑されています。

ユーチューバーの目的としては言わずもがな「お金」であり、「広告収入」「企業案件」によって収入を得ています。

他にはビジネス戦略で『集客媒体』として使っている方もいますね。

 

このように職業として成り立っているユーチューバーですが、まだまだ一般の方からは「「ゴミ」などと言われ、白い目で見られています。

今回はその視点からユーチューバーという存在について触れていきたいと思います。

ユーチューバーは社会のゴミでいらない

ではなぜ社会のゴミなどと言われてしまうのかというと、

  • 一般人の迷惑になるような撮影をする
  • モラルに反する行動、撮影を行う
  • 遊んでふざけている動画でも収益になる
  • 価値がなさそうに見える動画内容でも収益が発生する
  • 日本では”真っ当に働く”という概念が染み付いている

このような理由が挙げられますが、他にももっとありますね。

 

確かに、人様の迷惑になるような撮影や不快感を与えてしまう行動はあってはなりません。

そういう場合はだいたい炎上して批判コメントが相次ぎ、

”結局謝罪動画を出して改める”という流れになるのですが、

やはり人に不快感を与えてしまったという事実は消えず、動画にも残ってしまうのでユーチューバーのイメージはかなり悪くなりますよね。

また、動画を出した本人には「社会から罵倒され、悪評がついて生きづらくなる」という特典が付いてきます。

それなりの制裁を受けるわけですねw

 

それでも収入になるのがYouTuber

また、テキトーに撮ったふざけた動画でも収益になってしまうのがYouTuberなので、価値のないように思われる内容の動画は埋もれるほどあります。

ではなぜ収益対象として認められるのかというと・・・

 

見る人によっては価値のあるものになっているからです。

 

簡単にいうと、暇つぶし娯楽になっているんですよ。

(もちろん社会に反する動画は収益対象外になり広告を剥がされます)

 

だから需要と供給が成り立ち、一種のビジネスとしてやっていけるわけです。

今はほとんどの人がスマホを持ち歩いていますし、SNSを見るような感覚でユーチューブを開き、じっと眺めます。

ただ単に楽しいんですよね。

 

そして、2020年からは5Gが導入され”速度制限”という概念すらなくなると言われています。

そうなると必然的にユーチューブという動画媒体の利用者が増えていきます。

なのでこれからも必要不可欠なコンテンツとして人気を得ていくと思います。

くだらないしテレビのパクリ


 

ユーチューバーの多くを占めるジャンルは「コメディー」「バラエティー」が一般的ですね。

(最近ではその風潮が少なくなりつつある)

なのでテレビで見たような企画やドッキリ映像などが多くなってしまうんですよ。

 

これに対して視聴者は嫌悪感を示すツイートをしています。


テレビの企画を真似するのは本当に楽ですし、面白い内容になりますよね。

だからある意味、プライドを捨てて再生数を稼ごうとパクるユーチューバーは沢山いるようです。

 

また、逆にテレビ側がYouTubeの企画を真似したということもあるようですよ。

まあ最近ではテレビ側がyoutuberに寄ってきて番組を作るということも少なくありません。

最近では芸人のダウンタウンがヒカキン氏と共演しており、ユーチューバーの事情やらお金がなんやらと聞いたりしていました。

ここ数年でテレビ離れが顕著に現れてきて、逆にネットの利用者が増加していますからね。

テレビ側もユーチューバーにくっついていかないと視聴率が取れないと焦燥感にかられているのでしょうか。

 

もともと社会に敬遠されていたユーチューバーは、テレビを押しのけ大きな職業としてのポジションを確立しつつありますね。

人の役に立つユーチューバーも多くいる

ユーチューバーというと「コメディ」「バラエティ」といったジャンルが多いと言いましたが、

最近では「教育系」というジャンルが増えてきました。

人の役に立つユーチューバーということです。

  • 心理学を使った恋愛・人間関係のアドバイス
  • やる気をあげるメンタルトレーナー
  • リスナーの人生相談に乗る仏教の和尚さん
  • 筋トレの知識や方法を解説するマッチョマン
  • 起業のアドバイスをする成功者・社長

など、他にもいろんな視点でアプローチをしているユーチューバーが沢山います。

 

今、YouTube運営が求めているジャンルはこれらだと思うんですよね。

 

もちろん、娯楽としてのコメディー系ユーチューバーも必要なのですが、本来運営としてはこのようなアプローチが好ましいと説明しています。

多様性という考え方

この世界においてはみんながみんな同じ職業をやっていると、当然不便になっていきますよね。

「サラリーマン、医者、農家、大工、漁師」などは本当に必要な職業だとは言えますが、

人によっては「娯楽」の方が大きな価値だと感じる人もいます。

 

少しユーチューバーとは話題がずれますが、Twitterなどで斬新なサービスで活躍している人もいます。

「プロ奢られヤー」

「レンタルなんもしない人」

などというサービスで活動している方々です。

レンタルなんもしない人の収入や仕事は?女性の利用者が多いって本当?

プロ奢ラレヤーの中島太一とは?奢られてばかりでお金が無いの?

 

一見、社会的には不必要なサービスという印象を受けますが、

今の時代こそこのような方々に助けを求める人が多く、この人たちにしか解決できない悩みだってあります。

 

なのでサラリーマンや農家などの方々と同じくらいの価値があるわけなんです。

人によっていろんな悩みの種類があり、複雑な問題を抱えている人がいます。

だからこのような斬新で面白いサービスが職業として成り立ち、多様性という考え方が日本で広まってきているんですよ。

これこそ人がどんどん幸せになっていくサイクルだとは思いませんか。

さいごに

ここまでユーチューバーという存在の評価と必要性に語っていきましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?

結構当たり前なことを書いたのですが、少しでも参考になれば嬉しいです。

最後に自分の宣伝になり恐縮なのですが、一応筆者もユーチューバーとして活動しているのでぜひ見てみてください!笑

ジャンルは「パルクール」というマイナースポーツでアプローチしています!

これからどんどんこのような個人スポーツが日本で流行ると言われており、

筆者は数年前からこのようなことを趣味でやっていたのでそれを活かして「技の講座」や「取り組み方」などを解説しています!

アクロバット系の動きは若者に人気があり、またアーティストのMVなどでも技をする人が多いのでこのような動画は需要があります。

講座系の動画は特に伸びやすい傾向があるので、価値のある動画として自信を持って言えますw()

 

そんな感じで最後自分の紹介で恐縮ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2019 All Rights Reserved.