パルクールに関する情報&雑多ブログ

チアリーディングのベースでおすすめ筋トレ方法は?体重の必要性や増やし方についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

チアリーディング競技においてベースというポジションは、トップを飛ばさないといけないのでその分筋力を要する事になります。

また、自身の体重においても「パワー」と密接してくる大事な要素になってきます。

なので今回は「筋トレ方法と体重の必要性、体重の増やし方」について解説していこうと思います。

チアリーディング(ベース)のおすすめ筋トレ方法は?

僕は日本文理大学というところでチアをしてきました。

そこは男女混成でのチームなので男子部員も一定数おり、僕もその一人でした。

そこで男子部員が行っていたベースという動きに効率的な筋トレを紹介します。

(女子の方もできる筋トレです!)

ハイクリン

 ハイクリンは主に背筋が鍛えられるので、「トスアップの際に腕を上に上げる速さ」に大きく効果が出ます。

ハイクリンはコツをつかむのが少し難しいですが、一度掴んでしまえば効率よく鍛え上げることができるので非常におすすめです。

ですがフォームを間違えると腰を痛めやすくなるので「お尻を後ろにプリッとだす感覚で、思い切り背中を沿ってバーベルを掴む」ということ念頭に入れておいてください。

ジャンプスクワット

ベースは主にトップを飛ばすトスアップを行うので、上下運動(膝の曲げ伸ばし)をします。

その際にはやはり太ももやお尻の筋肉がないと力強くできないので、ジャンプスクワットを行うことをお勧めします。

 

この動作を継続して行うと、トスアップの強さに効果が出るでしょう。

実際に飛ばすときもジャンプスクワットを意識してみると思い切り飛ばせますよ。

体重の必要性


ベースをやる上で体重は重いほうが高く飛ばすこともできますし、ドベだとしっかりと耐えることもできます。

なのでベースの体重は重いことでメリットがあります。

 

ですが、”ただ体重が重ければいい”ということではありません。

チアリーディングにはタンブリングなどの平場があるからです。

体重が重すぎると高難易度のタンブリング技をするのが困難になってきます。

なので体重をある程度増やしつつ筋トレを行なってガッシリとしたベースの体つくりを行うことが大切です。

 

そうすると最低限のタンブリング技ができるし、トスやドベなどのポジションも力強くできるでしょう。

体重の増やし方

体重の増やし方としては、

「負荷をかけた筋トレ」+「バランスの良い食事」

を意識していかなければなりません。

負荷をかけた筋トレは、先ほど紹介したハイクリンもそうなのですが、バーベルやダンベルといった重い器具を使って筋肉への負荷をかけていきましょう。

それによって断裂された筋肉が回復するときに前よりも大きく肥大して修復します。

これを「超回復」というのですが、これを起こすには適切な食事が必要です。

>>パルクールに必要な筋肉をつける食事方法をご紹介!

上記の記事はパルクールというスポーツについて解説していますが、チアリーディングに関しても共通して言えることなので参考になるかと思います。

まとめ

ベースにおいての解説を簡単にしていきました。

今回紹介した筋トレはベースをやる上で必要最低限の筋力が養えるだけでなく、他の動きをする際にも効果が期待できます。

特にハイクリンにおいては背筋が主に鍛えられます。

 

背筋力は全てのスポーツに必要と言われており、体を動かす際に一番酷使する部分なんです。

なのでハイクリンを覚えていただいて、慣れてきたら徐々に重さをあげるようにして行けばいいでしょう。

 

また、器具がなくてハイクリンができない場合はジャンプスクワットだけでも良いです。

 

この記事を読んでもっと知りたいことなどがあればぜひコメントを書いてください。

では最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>チアリーディングのベースで怪我の事例と体験談!肩や腰が痛いし治らない?


 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パルクール道場 , 2019 All Rights Reserved.