ララランドでミアとセブのその後は結ばれない?最後に頷く意味や理由は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

『ラ・ラ・ランド』はアメリカの(ロマンティックコメディミュージカル)映画です。

ミュージカルというジャンルの中でも「ダンスの振り付けやカメラワークの完成度が凄い」と話題になっており、ストーリーにおいてもどっぷりとハマる人がいる反面、酷評が集まったりと賛否両論の作品でもあります。

今回は主人公二人の「ミア」と「セブ」のその後についてと、ラストに頷いた理由について説明していきます。

ララランドとは

『ラ・ラ・ランド』は、2016年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。

ピアニストの恋愛を描いた映画で、脚本・監督はデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが務めた。

この映画のタイトルはロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味する。

Wikipediaより引用

二人の主人公の夢と恋の駆け引きを描く作品です。

セブ(男)はジャズピアニストを目指し、ミア(女)は売れない女優として描かれています!

ミアとセブのその後は結ばれない?


ミアとセブはお互いの夢のために別れました。

その後の展開として「復縁」というストーリーはありません。

なぜかというと、ミアは元彼のグレッグと結婚することになるからなんですよね。

グレッグは、当時他の彼氏(セブ)がいたミアにディナー中に逃げられてしまいますが、最後には復縁しているというストーリーになっているんですよね。

 

なのでセブと復縁することはないというオチです!

この結末に視聴者からは不満の声が多数寄せられています。


これがアメリカ映画と言わんばかりの結末に、純愛を美徳とする日本人にはあまり受け入れられないようですね。

でも刺さる人には刺さる奥深い映画なんです!

最後に頷く意味や理由は?

また、ララランドの映画のラストでは偶然再会した2人が最後に見つめ合って頷くシーンがあります。


この頷きに込められた意味としてはどう解釈できるのか考えてみました!

 

    • セブが最初に頷く→(これでよかったんだ、お互い人生頑張っていこうな)
    • 続いてミアも頷く→(ええ、いろいろあったけど前を見て歩くわ)

こんな感じだと思います!

まあこれはかなり抽象的に表現されていたので考察は人それぞれだと思います!

映画でよくある「視聴者に悟ってもらう」というやり方ですね!

 

結果的には別れてしまった二人ですが、ポジティブにフェードアウトしていく円満な別れができて良かったと思います!

まとめ

  • ララランドのミアとセブはその後結ばれることはなかった
  • ミアが元彼のグレッグと結婚するから
  • 最後にミアとセブが頷く理由はお互いポジティブに別れるため

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>ララランドの女(ミア)がクズで嫌い?最低で自分勝手と批判の嵐?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© parkour time , 2019 All Rights Reserved.