ローグワンでチアルートの戦いが強いのはなぜ?盲目の原因や理由についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2月1日の金曜ロードショーで放送される『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 』は、スターウォーズシリーズのスピンオフ作品です。

スピンオフといえど、作品としての評価は非常に高いです。

そんなローグワンの主要人物の一人であるチアルート・イムウェですが、目が見えないのにめちゃくちゃ強いですよね。

気になる部分だと思うので今回はチアルートに関して深掘りしていきます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の紹介

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。
銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。
その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。

引用:スターウォーズ公式サイト

『スターウォーズ』はシリーズとして「エピソード1〜7」まであるのですが、『ローグワン』においてはエピソード3〜4の間の物語なんですよね。

知られざる19年間を描いた作品です。

チアルート・イムウェの戦いが強いのはなぜ?


 

ローグワンチームの中でも戦闘能力が卓越しているチアルート。

ストームトルーパーに囲まれた状態でも一人残らずボコボコに片付ける圧倒的な戦闘力。

目が見えないのに凄いですよね。

視聴者の中でもしっかりと盛り上がっています。


このように誰もが認めるくらいの強さなんですよね。

 

ではなぜチアルートはこんなにも強いのでしょうか。

こちらで調べて見たところ以下の2つの要素があるからだと思いました。

僧兵だから

チアルートのの設定として「フォースの存在やジェダイの教えを信じる僧兵」ということなのですが、

こちらで僧兵の意味を調べてみると以下のように書かれていました。

僧兵とは、日本の古代後期から中世、近世初頭にかけて存在した僧形の武者である。

『僧形武者』=『武芸に携わることを任務とする人』

という事なので、常に死と隣り合わせですよね。

強さの一つとして、過去に何度も戦闘を繰り返し戦い抜いた実力があるからでしょう。

また、フォースの力を信じていたという事も何か繋がりがあるかもしれません。

キャストがドニー・イェンだから

ドニーの肩書きを一言で説明すると「香港のアクション俳優」なんですよね。

だから武術的な動作については卓越したスキルを持っており、ローグワンの戦闘シーンにおいても大変貴重な存在でした。

(中国武術といえばジャッキーチェンやジェットリーなどのカンフーも有名ですよね。)

 

ドニーはそのキャラクター性によって”数ある武術”を使い分ける事でも有名なんです!

 

彼はローグワン用に戦闘スタイルを作り出してそれを表現したらしいんですよね!

なのでドニー以外の俳優だとあまり強さを魅せることが出来なかったのかなと思います。

盲目の原因や理由


チアルートは盲目(目が見えない)という設定で、実際に濁った水色のような目をしています。

でもなぜ盲目なのでしょうか。

こちら調べてみたところ、面白いことが判明しました。

それは、ドニー・イェンがインタビューで以下のように答えていました

チアルートには深いバックストーリーがあるが、盲目の事も含めてそれを誰にも話してはならないんだ

という事です。

映画では一切語られなかった背景についても他言無用という事になるんです!

 

なので映画監督、関係者のみぞしる事になるんですよね!

 

これはある種、視聴者を楽しませる遊び心もあるのではないでしょうか?

あえてバックストーリーを明るみにしない事で、視聴者の中での空想や考察が出来上がるから

というのが個人的に思う事です!

そのほうがロマンがあると思いませんか?

まとめ

今回はチアルートについてリサーチしつつ僕の答えを導いたものなのであくまで考察となります!

ですが一応まとめます!

  • チアルートが強い理由は「僧兵だから」「役者がドニー・イェンだから」
  • 盲目の理由は語ってはならない(視聴者に空想を広げてもらいたいから)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 娯楽をより娯楽するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.