雑記系

ローグワンでダースベイダーの登場シーンが絶望で鳥肌?無双がやばいしかっこいい?

2月1日の金曜ロードショーで放送される『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 』は、スターウォーズシリーズのスピンオフ作品です。

スピンオフといえど、作品としての評価は非常に高いんですよね。

特に、最後にダースベイダーが降臨して反乱軍を滅多打ちにしていくシーンが印象的です。

今回はその件について深掘りしていきます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の紹介

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。
銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。
その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。

引用:スターウォーズ公式サイト

『スターウォーズ』はシリーズとして「エピソード1〜7」まであるのですが、『ローグワン』においてはエピソード3〜4の間の物語なんですよね。

知られざる19年間を描いた作品です。

ダースベイダーの登場シーンが絶望で鳥肌?


 

当作の見どころである終盤のダースベイダーが降臨するシーン。

これには人によって「絶望感」だったり、かっこよすぎて「鳥肌」が立ったりといろんな感情を抱く人がいます。

まずTwitterの反応を見てみましょう。

もうこのラストのダースベイダーが登場するシーンの為だけに作られたのでは無いか?

と言われるくらい最後の10分間が濃いんですよね。

 

降臨してきたシーンでは、ダースベイダーお馴染みのテーマ曲が流れ始めるのでどこか感慨深い気持ちになるんですよね!

ファンからしてみるとたまらないです。

 

あのアンチヒーロー全開な曲は絶望感と高揚感を奮い立たせる効果があるので、最後のシーンで一気に畳み掛けるように流れ始めるのは本当に反則ですww

無双がやばいしかっこいい?

また、ダースベイダー無双(反乱軍を一気に蹴散らす)シーンがかなり評判がいいんですよね。


物語の終盤、閉じ込められた反乱軍は何が起こるかと恐怖に包まれます。

そこでいきなりでてきたダースベイダー。

赤いライトセーバーを振り回して反乱軍の銃を弾き飛ばす演出がかなり見応えのあるものなんですよね。

フォースの力で思い切り壁にぶち当てたりするのもかなり怖いです。。。

 

今回の映画「ローグワン」ではほとんど登場しなかったダースベイダーは、漠然とした恐ろしい存在でしたが、最後のシーンで一気に観せてきましたね。

反乱軍の数人には逃げられましたが、ダースベイダーの強さがこの一瞬だけでわかります。

(それこそ余り余ったフォースの力で逃げた敵を引き戻す演出が欲しかったですがw)

 

最後の最後にダースベイダーの手によって惨殺されてしまう人たちはかわいそうではありますが、それを超えるほどの恐怖とかっこよさを見せつけたシーンでした。

まとめ

  • ローグワンでは終盤のダースベイダーによる無双シーンがかっこいいと話題
  • その姿に視聴者は絶望感やかっこよさを感じてしまう

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>ローグワンでダースベイダーが怖いしトラウマ?戦いが強すぎて最強な理由はなぜ?