雑記系

耳をすませばが人気の理由はなぜ?懐かしいし青春を思い出すから?

2019年1月11日に再放送される映画『耳をすませば』

「耳すま」の愛称として日本で長く愛されているジブリ映画であり、ほのぼの恋愛ストーリーでもあります。

本記事では耳すまが人気な理由について解説していきます。

「耳をすませば」の紹介

『耳をすませば』は柊あおいの漫画作品で、読書が大好きな中学1年生の少女(月島雫)を主人公として中学生の甘酸っぱい恋愛を描いた物語です。

当作品はジブリ映画としてのイメージが強いのですが原作は前述した通り柊さんの漫画となります。

また、映画版は原作とは大きく設定や展開が異なるのでどちらも楽しめます!

ジブリにしてはすごく現実的というか人間味のある内容となっているのでほっこりします。

 

主題歌はジョン・デンバーによる「カントリーロード」であり、当作品ではそれを日本語バージョンとしてイメージソングにしています!

耳をすませばが人気の理由はなぜ?


 

まずは耳をすませばの評価を見ていきましょう。


「ジブリの中で一番好き!」というコメントが結構多かったです。

耳をすませばはジブリ作品の一つです。

ジブリは基本的にみんな人気なのですがやはり好かれない作品もあります。

例えば「ゲド戦記」だったり「崖の上のポニョ」などはあまり好評ではない印象を受けます。

 

実際よく考えてみれば『耳すま』もそこまで印象的なシーンなどはあまりなく、淡々と進んでいくような感じなので評価も低そうな気もします。

 

ですがいろんな世代(特に大人)に好かれる理由はちゃんとあるんですよね。

懐かしいし青春を思い出すから?

耳をすませば先ほども言ったように淡々と物語が進んでいくような構成ですが、好かれる理由はあります。

それは「懐かしい気持ちになるから」というものなんですよね。


「懐かしい」という感覚って、どんなものでもワクワクしますし幸せな気分になりませんか?

僕は「ポケモンの街の音楽」を聞いたりするとテンションが上がるんですよね。笑

なんどもプレイしたくなる理由はそこだと思うんです。

(いつか生活に余裕が出てきたらポケモンの実況でもしてみたいものです笑)

 

耳をすませばも同じようなもので、挿入歌である「カントリーロード」を聞くと懐かしい気分になりませんか?

または、田舎に行きたくなる気持ちも芽生えると思います。

こういうのって、「自分の中での感情の変化や気づき」なども得られますよね。

『耳をすませば』に関しても一度視聴すると深い部分に印象が残るんだと思います。

あの頃の気持ちをもう一度味わいたいというか・・・そんな感じです。

まとめ

耳をすませばが人気な理由についてまとめます

  • 人それぞれ違った形で懐かしい気持ちが掘り起こされるから人気

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>耳をすませばはいつの時代設定?大人が見ても面白いし楽しい理由は?