ルパン三世のレベッカがうざいし嫌い?いらないと言われる理由はなぜ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ルパン三世では「不二子の代わり役的な立ち位置」のレベッカ。

ですが調べてみると一部の視聴者にはあまり好かれていないようです。

今回はなぜレベッカは視聴者に「うざい」などと罵られているのか解説していきます。

※SNSでの声を取り入れつつ個人的な考察を混ぜていきます。

レベッカのプロフィール

本名:レベッカ・ロッセリーニ

レベッカは 16歳でモデルデビューし、そこから作家や女優、さらにはファッションデザイナーなど数々の職を掛け持ちしているマルチな能力を持っています。

その能力を駆使して活動しているので金が有り余っている、いわゆるセレブです。

ですが子供っぽい性格をしており、お金というよりもスリルを求めるようなわんぱく気質があります。

不二子と比べると多少色気は劣りますが、その分可愛らしさが際立ちますね。

また、金や宝石などには関心が薄いという面も不二子とは対称的と言えるでしょう。

ルパン三世のレベッカがうざいし嫌い?


レベッカはルパン三世の数作品に登場しています。

立ち位置的にはヒロインとなるのですが、どうも視聴者には好かれない傾向があるようです。

google検索で調べてみても「ルパン レベッカ うざい」などとネガティブなキーワードが付いてきます。


このようにTwitterでもバッシングを受けていますね。笑

 

嫌いになってしまうのはおそらく「見た目がケバいし、ギャル感がある」という部分だと思います。

レベッカの声、喋り方なども視聴者には受け入れられていないようです。

子供っぽいですしね。

 

このような「表面的な嫌悪」というものをルパンシリーズファンは感じているのだと思います。

 

ちなみにキャラ設定としては「お金や宝石には興味がなく、スリルを求めている」という特徴があるのでその部分に関しては好感が持てますね。

レベッカがいらないと言われる理由はなぜ?

レベッカの存在はやはり受け入れられていないようで、「いらない」という声も多いです。

(先ほど説明したに関しても「いらない」と言われる理由の一つみたいですね。)

ではなぜレベッカがいらないと言われるのか、それは「峰不二子」の存在が世界観にマッチしていたからだと思います。

不二子は「ふ〜じこちゃ〜ん」とルパンが呼ぶ有名なセリフがあるように、不二子あってのルパンなんだと思うんですよね。

 

色気のある大人な不二子は時にはルパンの味方になったり、気づけば敵になっていたりと「色っぽい危険な女」というイメージがありました。

この感じがもう完全にルパン三世の世界観にマッチしていたんですよね。

だからこそ面白んだと。

 

でもレベッカは不二子と対称的にキャラ設定されているので、どうも世界観にズレが生じてしまい、違和感を感じる原因となるようです。

まとめ

ルパンのレベッカが視聴者に批判されている件についてまとめます。

  • レベッカがうざいと言われる理由は「ギャルっぽいし、声が鼻につく」から
  • レベッカがいらないと言われるのは「不二子と対称的だから、ルパンの世界観に合っていない」から

最後まで読んできただきありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 娯楽をより娯楽するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.