耳をすませばのバロンが動く理由はなぜ?恋人の名前や目が怖い件についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

2019年1月11日に再放送される映画『耳をすませば』

「耳すま」の愛称として日本で長く愛されているジブリ映画であり、ほのぼの恋愛ストーリーでもあります。

本記事では「バロンが動く理由」と「バロンの恋人の名前」「目が怖い理由」について紹介していきます。

「耳をすませば」の紹介

『耳をすませば』は柊あおいの漫画作品で、読書が大好きな中学1年生の少女(月島雫)を主人公として中学生の甘酸っぱい恋愛を描いた物語です。

当作品はジブリ映画としてのイメージが強いのですが原作は前述した通り柊さんの漫画となります。

また、映画版は原作とは大きく設定や展開が異なるのでどちらも楽しめます!

ジブリにしてはすごく現実的というか人間味のある内容となっているのでほっこりします。

 

主題歌はジョン・デンバーによる「カントリーロード」であり、当作品ではそれを日本語バージョンとしてイメージソングにしています!

耳をすませばのバロンが動く理由はなぜ?

耳すまのキャラクターでは猫の人形として登場するバロン。

作中では雫たちに「バロン」「男爵」と呼ばれているのですが、

実名としては“フンベルト・フォン・ジッキンゲン”と言います。

(猫の恩返しでは、完全に動く猫として登場)

 

そんなバロンですが、物語の中では「動く」というより「動いていた」の方が認識としては正しいです。

 

というのも映画の中ではシーンごとに姿勢が変わっているからなんです。

人形ということもあって、関節だけ動かせるような作りになってると思われます。

それをシーンに分けて動かされてるわけです。

 

「ではなぜ動いていたのか?」

という疑問について理由を述べたいところですが、これについて詳しい意味は特に明言されていません。

 

なので僕の勝手な考察にはなりますが、理由を考えて見ました。

おそらくジブリ作品のイメージとしてはファンタジー感が強いので、それとなくバロンには魂が宿っているというメッセージを示唆していたのでは無いでしょうか?

という浅い考察でした。笑

どのシーンでどのように動いていた?

最後西老人がバロンとの出会いを語るシーンで、最初の方は「バロンの左腕は後ろ側の腰に曲げている」のですが、

画面が切り替わり次に出てきた時には「左腕はまっすぐに伸ばしている」のです。

ちなみにバロンが動いていたシーンに気づく人はあまりいないらしいですね。

恋人の名前は?

バロンの恋人(貴婦人)の名前はルイーゼと言います。

これはバロンの持ち主である西司朗の彼女と同じ名前だそうです。

なので人間のルイーゼ、猫の人形のルイーゼが存在するという事になります。

ちなみに戦争によってどちらのルイーゼも消息不明という事になってしまったそうです。


これが説明されているのは「耳すま」ではなく「猫の恩返し」ですね!

バロンについての興味が沸いたらぜひ猫の恩返しも見てはいかがでしょうか?

目が怖いのはなぜ?

また、バロンの目が見た感じ結構ホラー感ありますよね。笑

その怖い目は実はエメラルド(緑柱石)でできているらしいです。

エメラルドの石で出来ているので不自然で怖く感じちゃうんだと思います。


エメラルドは超珍しい宝石の一つとして有名です。

その神秘的で深い緑色の光を放つエメラルドは「古くから多くの人々の心を奪うほど」の美しさなんだとか。

またそのエメラルドに込められた意味としては「愛と献身」だそうです。

バロンの恋人に込められた色なのでしょうか。

もしそうだとしたら、やっぱりジブリって本当にロマンチックですね。笑

まとめ

耳すまのバロンについてまとめます!

  • バロンは劇中では「動く」ではなく「動いていた」
  • 動いていた理由は特に語られていないが、「魂が宿っている」というメッセージ性があるかもしれない
  • バロンの恋人の名前はルイーゼ
  • バロンの目が怖いのはエメラルドだから不自然で怖い

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>耳をすませばのやなやつは誰を意味してる?聖司に馬鹿にされる理由はコンクリートロードの歌詞が面白いから?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© parkour time , 2018 All Rights Reserved.