耳をすませばで月島雫がかわいいけど嫌い?うざいし性格悪いと言われる理由は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年1月11日に再放送される映画『耳をすませば』

「耳すま」の愛称として日本で長く愛されているジブリ映画であり、ほのぼの恋愛ストーリーでもあります。

本記事では主人公の雫が視聴者にどんなイメージを持たれているのかまとめていきます。

「耳をすませば」の紹介

『耳をすませば』は柊あおいの漫画作品で、読書が大好きな中学1年生の少女(月島雫)を主人公として中学生の甘酸っぱい恋愛を描いた物語です。

当作品はジブリ映画としてのイメージが強いのですが原作は前述した通り柊さんの漫画となります。

また、映画版は原作とは大きく設定や展開が異なるのでどちらも楽しめます!

ジブリにしてはすごく現実的というか人間味のある内容となっているのでほっこりします。

 

主題歌はジョン・デンバーによる「カントリーロード」であり、当作品ではそれを日本語バージョンとしてイメージソングにしています!

月島雫がかわいいけど嫌い?


当作品の主人公でありヒロインである月島雫について「かわいい」と「嫌い」という声が視聴者の間であがっています。

かわいいという点については、まあヒロインであるので容姿については可愛らしく作られているのは当たり前ですね。

でもなぜ「嫌い」という意見があるのでしょうか?

 

Twitterではそのような声はありませんでしたが、グーグルで検索してみると「月島雫 嫌い」というワードが連なっていたので少なからず雫に対して嫌悪を感じている人がいるのでしょう。

 

その理由として有力な説はこちらだと思います。

  • 真っ直ぐな心を持つ杉村に告白されたがその場で振って、その後イケメンな聖司と結ばれる事になるから

まあ別に作品だし展開においての不満は僕個人にはないのですが、少なからずこのような思いを持つ人はいるでしょう。

 

好きな人(雫)に、好きでもない人(夕子)の気持ちを考えろと言われるし、告白するしかない状況に追い込まれて気持ちを伝えた挙句振られる杉村

 

これ、杉村が可哀相なんですよね。笑

それに、振られた後の去り方や落ち込み方がもう可哀相で仕方ないんですよね・・・

耳をすませばの杉村がかわいそう?告白して振られた理由はなぜ?

まあそんなの雫の勝手であり人の恋愛に口出しなどできないのですが、どうもこの展開に納得いかない人が多いようです。


こういうこともあって同情した視聴者は、なんとなく雫に対して嫌悪感を持つようになったんですね!

うざいし性格悪いと言われる理由は?

雫がうざいし性格が悪いと言われる理由については前述した理由もそうですが、最終的にはイケメンの天沢聖司と両思いになる結末なので、「面食い」と揶揄されたりもしているようです。

「結局イケメンか!」と。笑


しかも聖司にとって「雫と両思いになれたのは計算尽く」だったんだとか!?

耳をすませばで天沢聖司はストーカーでサイコパス?イタリア留学の理由はバイオリン職人が目的?

記事を読んでいただければわかるのですが、天沢聖司による作戦で雫は恋に落ちたという説があります。

 

そんなこんなで、雫が一部に嫌われているんですね。笑

まとめ

耳すまで主人公でヒロインの雫が一部の視聴者に嫌われている理由をまとめます。

  • 真っ当な杉村を振って可哀相な思いをさせたから
  • その後イケメンの天沢のことが好きになるから

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>耳をすませばがつまらないし面白くない理由は? 死にたくなるし子供向けだから?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 娯楽をより娯楽するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.