雑記系

耳をすませばで聖司がイケメンでかっこいい?告白のセリフや雫とのその後についても

2019年1月11日に再放送される映画『耳をすませば』

「耳すま」の愛称として日本で長く愛されているジブリ映画であり、ほのぼの恋愛ストーリーでもあります。

本記事では主人公雫と結ばれる「天川聖司」についての紹介をします!

「耳をすませば」の紹介

『耳をすませば』は柊あおいの漫画作品で、読書が大好きな中学1年生の少女(月島雫)を主人公として中学生の甘酸っぱい恋愛を描いた物語です。

当作品はジブリ映画としてのイメージが強いのですが原作は前述した通り柊さんの漫画となります。

また、映画版は原作とは大きく設定や展開が異なるのでどちらも楽しめます!

ジブリにしてはすごく現実的というか人間味のある内容となっているのでほっこりします。

 

主題歌はジョン・デンバーによる「カントリーロード」であり、当作品ではそれを日本語バージョンとしてイメージソングにしています!

天沢聖司がイケメンでかっこいい?


耳すまでは最終的に雫と結ばれることになる天沢聖司(あまさわ せいじ)。

天沢を一言でいうとヴァイオリン職人を夢見る少年です。

そんな天沢は視聴者の間では「かっこいい」と人気を得ています。

確かにかっこいいですね!

まっすぐな性格であり男の中の男である杉村”でさえ手に入れられなかった雫を落としただけの容姿はありますね!←

杉村が雫に振られた記事はこちら

 

また、天沢は「自分に厳しい性格」なのでヴァイオリン職人を目指すためその目標をしっかりと胸に叩き込んでいるんですよね。

そんな姿を雫は見ているので雫の進路に関しても大きな影響を与えることになります。

最初は雫に対してツンツンとしていましたが、実は密かに雫のことを想っており、「雫の読書量を超えるために一人で競争」していたり「しれっと隣の席に座る」というストーカー的な部分もありましたw

天沢聖司の告白のセリフ

そんな天沢聖司の告白のセリフはこちらになります。

聖司「雫、あのさ…」

聖司「俺… 今すぐってわけにはいかないけど。」

聖司「俺と結婚してくれないか?

雫「えっ。」

聖司「俺。きっと一人前の、バイオリン作りになるから。そしたら…」

雫「うん。」

聖司「ほんとか!?」

雫「うれしい。そうなれたらいいなって思ってた。」

聖司「そうか。ヤッター!」

雫「待って。風、冷たい。」

聖司「雫。大好きだ!

と、最後に顔を赤らめながら雫のことを抱きしめエンディングが流れます。

(カントリーロード♪)

好きだ!」のセリフより先に「結婚してくれないか」が出るあたり中学生らしくてほっこりしますねwwww

早まりすぎです。笑

 

中学生活を終えたあとは高校に進学もせずイタリア留学してヴァイオリンの武者修行を試みる聖司。

そんな「挑戦的な人生を歩もうとする姿」に雫は惹かれたのかもしれませんね。

天沢聖司と雫のその後

エンディングと同時に結ばれた二人ですが、その後はどうなったのでしょうか?

これに関しては作者からは明らかな回答はありません。

なので『ご想像にお任せします』ということなのでしょう。

 

天沢聖司の浮気で二人は別れる!?

ですが、、、天沢聖司による浮気で破局することになる

という説がネットで立てられてるんですよねwww

完全なガセネタなのでご安心を

 

まあ現実的に考えればまだ中3で若いし、その先もやりたいことが変わったり価値観の変化というものがあるので結婚までに至るというのは確率的には低いでしょうw

 

まあ、あのエンディングでほんわかと終わったのでその後なんか考える必要もないでしょうw

まとめ

耳すまの天沢聖司についてまとめます!

  • 天沢聖司はとにかくイケメンだとネットで人気
  • 告白のセリフは「好きだ!」より先に「結婚してくれないか」が先に出るという可愛い一面も
  • その後は描かれていないのでご想像にお任せします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!