耳をすませばの夕子がかわいいけど可哀想?セリフや杉村とのその後についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年1月11日に再放送される映画『耳をすませば』

「耳すま」の愛称として日本で長く愛されているジブリ映画であり、ほのぼの恋愛ストーリーでもあります。

本記事では夕子についての紹介をしていきます!

「耳をすませば」の紹介

『耳をすませば』は柊あおいの漫画作品で、読書が大好きな中学1年生の少女(月島雫)を主人公として中学生の甘酸っぱい恋愛を描いた物語です。

当作品はジブリ映画としてのイメージが強いのですが原作は前述した通り柊さんの漫画となります。

また、映画版は原作とは大きく設定や展開が異なるのでどちらも楽しめます!

ジブリにしてはすごく現実的というか人間味のある内容となっているのでほっこりします。

 

主題歌はジョン・デンバーによる「カントリーロード」であり、当作品ではそれを日本語バージョンとしてイメージソングにしています!

夕子がかわいいけど可哀想?


耳すまの登場人物のひとりに『原田夕子』という可愛らしい女の子がいます。

ですが視聴者の間では「かわいそう」と言われています。

その理由として、

有名なシーンの一つで杉村が雫に告白するシーンがあります。

そこでの会話の一つに

「困るって…可哀想なのは夕子よ!ショックで学校休んじゃったんだから!」

という雫のセリフがあります。

この「かわいそう」というのは、

夕子は杉村のことが好きなのに鈍感な杉村は察してあげられなかった

だから夕子は「片思いなんだ・・・」とショックを受けて学校を休むほどに病んだわけですねw

 

視聴者も同じように、原田夕子がかわいそうと感じているようです。

でもこれ、この会話の後に杉村が雫に告白するんですよね。

ですが断られてしまう杉村もまたかわいそうな一人です。

杉村が雫に告白するシーンを入れた記事はこちら

 

ちなみに誰が誰を好きになっているかというとこんな感じです

天沢聖司→♡←月島雫←♡杉村←♡夕子

こんな感じで最終的には雫と聖司が両思いになっちゃうんですよね。

なんとも複雑な関係です。笑

夕子のセリフで印象的なのは

夕子の印象的なセリフとしては以下のものです

「11時に昇降口って言ったくせに。15分も太陽の下にいさせて。」

「またソバカスが増えちゃうじゃない!」

というセリフで雫に怒ります。笑

夕子はそばかす系女子なのです!

杉村とのその後

杉村のことが好きだった夕子はその後どうなったのでしょうか?

実は、耳すまではエンディングでもまだストーリーが続いていて、そこで活躍するのが『杉村』なんですよねw

作中では噛ませ犬として、単調なストーリーにならないように辛い思いをさせられた杉村。

エンディングで流れる夕方の下校時のシーンで「実は夕子さんと杉村さんが待ち合わせしているシーン」があるんですよね!

 

これは・・・まさか。

エンディングではそのシーンしか入れておらず詳しい関係は語られていなかったのですが、もうこれは『恋人』または『友達以上の関係』に違いありません!

よかったですね!←テキトー

 

近藤監督はキャラクター愛がある方なので、なんとか二人が悲しいまま終わらないようにエンディングにぶち込んだみたいですね!

裏名シーンとなっています!

まとめ

耳すまの夕子が可哀想な件についてまとめます。

  • 夕子は杉村のことが好きだが気づいてもらえずショックで学校休んだ
  • 以上の理由で可哀想と言われている
  • エンディングでは夕子と杉村が結ばれているような描写がある

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>耳をすませばで夕子の家が金持ちな理由は?部屋がおしゃれでかわいいの?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 娯楽をより娯楽するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.