風の谷のナウシカで巨神兵のビームの名前や威力は?戦いが強い理由はなぜ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2014年1月4日に再放送される映画『風の谷のナウシカ』。

数あるジブリ映画の中でも上位に入るほどの人気を持つ作品の一つです。

世界観が独特で、切なさや美しさ、時には残酷さを感じさせる飽きない映画構成としても有名ですね。

本記事で巨神兵のビームや強さについて解説していきます。

風の谷のナウシカとは?

風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、宮崎駿による日本の漫画作品。アニメーション監督・演出家でもある宮崎が、徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』誌上にて発表したSF・ファンタジー作品。戦争による科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた週末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を年代記の形で描く。1984年には宮崎自身の監督による劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』が公開された。2019年には歌舞伎化予定

Wikipediaより引用

『風の谷のナウシカ』は言わずもがな、宮崎駿監督の作品であるジブリ映画の一つです。

実は1984年にジブリ作品で一番最初に放映された映画なんです!

まさに原点にして頂点とも言える伝説の映画です。

ジブリ作品はどれも人気なので、ネットでのランキングを見たりすると『風の谷のナウシカ』はトップ3に入ったり入ってなかったりしてマチマチなのですが、一番古い映画としてジブリファンに長く愛され続けています。

 

ちなみに僕はもののけ姫が一番好きです。

巨神兵のビームの名前

巨神兵は風の谷のナウシカに登場するキャラクターの中でもかなり存在感がありますよね。

そんな巨神兵の攻撃といえば「口から放出するビーム」です。

それをプロトンビームと呼びます。

プロトンビームとは口から発射される陽子収束弾で、額からも出力を弱めたものが発射可能。

プロトンビームの威力


ではプロトンビームの威力とはどれほどのものなんでしょうか。

まずは画像を見てください。


画像だけでも凄まじさが伝わりますね。

さらに説明を加えるとこのようになります。

当初は地平線の彼方にある山を吹き飛ばし巨大なキノコ雲を作るほどの威力だったが、身体の腐敗が進んだ後は、20リーグも離れていない近距離から小さなきのこ雲が確認できるほどに威力が落ちた。それでもシュワを焦土と化し、跡形も無く吹き飛ばすだけの破壊力を持つ。

キノコ雲と言えば、かつて日本がまだ戦争中だった頃に「広島」「長崎」に落とされた原子爆弾のイメージが強いです。

その時は多くの県民が犠牲になりました。

 

不謹慎な例えになってしまいましたが、巨神兵が放つプロトンビームはそれほど大きな被害を与える威力があると思います。

 

巨神兵の腐敗が進んだ後でも、狙ったものは跡形もなく吹き飛ばすほどの破壊力があります。

恐ろしいですね。。。

 

巨神兵が強い理由はなぜ?

巨神兵の強い理由としては以下の3つの要素があるからだと言えます。

  • プロトンビーム

前述した説明と同じく、狙ったものを全て焼き払う威力があり巨大なキノコ雲ができるほどの勢いがあります。

 

  • 飛行能力

飛行能力空間を操って重力というものを歪めて宙に浮き、その中で高速移動ができます。

 

  • 超常の力

言葉を口に出すことができ、ナウシカとの意思交換はこの能力によって成り立っています。20リーグも離れた遠距離からの会話もでき、自分が見ている景色映像をそのまま目的の相手に見せることができます。

 

巨神兵の戦い方としては上記の3つの能力を駆使して戦います。

特にプロトンビームで敵を焼き払う描写が印象的ですね。

 

もう人間の持つ能力をはるかに超えていてポテンシャルが半端じゃないですね。

飛行能力についてはドラゴンボールのサイヤ人がイメージしやすいと思います。

 

近い未来こういった巨人兵器が本当に作られそうで怖いですねw

地球滅亡するかもしれません。笑

まとめ

巨神兵のビーム、強さについてまとめます

  • 巨神兵が放出するビームの名前は「プロトンビーム」
  • プロトンビームは狙ったものを跡形もなく吹き飛ばすほどの威力
  • 巨神兵が強い理由は「ビーム」「飛行能力」「超常の力」を使えるから

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>ナウシカのオーマがかわいいしなぜ人気?放射能や母の呼び方についても

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 娯楽をより娯楽するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.