雑記系

風の谷のナウシカのテトは戦うと強い?原作では死亡したが死因は何?

2014年1月4日放送の映画『風の谷のナウシカ』。

数あるジブリ映画の中でも上位に入るほどの人気を持つ作品の一つです。

世界観が独特で、切なさや美しさ、時には残酷さを感じさせる飽きない映画構成としても有名ですね。

本記事ではナウシカのペットであるテトの強さや、原作での死因についても解説していきます。

風の谷のナウシカとは?

風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、宮崎駿による日本の漫画作品。アニメーション監督・演出家でもある宮崎が、徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』誌上にて発表したSF・ファンタジー作品。戦争による科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた週末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を年代記の形で描く。1984年には宮崎自身の監督による劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』が公開された。2019年には歌舞伎化予定

Wikipediaより引用

『風の谷のナウシカ』は言わずもがな、宮崎駿監督の作品であるジブリ映画の一つです。

実は1984年にジブリ作品で一番最初に放映された映画なんです!

まさに原点にして頂点とも言える伝説の映画です。

ジブリ作品はどれも人気なので、ネットでのランキングを見たりすると『風の谷のナウシカ』はトップ3に入ったり入ってなかったりしてマチマチなのですが、一番古い映画としてジブリファンに長く愛され続けています。

 

ちなみに僕はもののけ姫が一番好きです。

風の谷のナウシカのテトは戦うと強い?

まずテトは戦うことはほぼないので「強さ」という定義に関してはコメントできないのですが、

生命力はかなりあると言えます!

  • 王蟲(オウム )に敷かれても死なない柔らかさ
  • ガスマスクが無くても毒に耐える対抗力
  • メーヴェに乗ってるナウシカにずっとしがみつける筋力

劇中ではこの3点の生命力を見せつけていました。

 

あの巨体である王蟲に敷かれたら普通の身体では即死ですよねwwこれだけで凄まじい生命力を感じさせます。

また、ナウシカ(人間)にとって毒ガスというのは致命的なモノ。なのでマスク必須なのですがテトはそんなの被らなくても生きていました。

またどれだけ強い向かい風に吹かれようともナウシカにしがみ付けれるあの脚力はもう半端じゃないですよねw


まあ現実的に考えるとテトの強さ(生命力)というモノは半端じゃないですが、アニメの中の話なのでまあどうにもなりますよねw

 

また、実際に敵と戦うとなると自分よりも大きな敵には勝てないかと思われます。

ただ、小さくて軽いためスピードにおいては優れているので負けることもないと思います。笑

原作では死亡したが死因は何?

テトは最初はナウシカに対して心を開かずに、噛み付いてしまったり怯えてしまったりして生意気な部分もありましたが、映画ではラストまでナウシカにずっと付き添いともに戦いました。

 

ですが原作では旅の終盤に力尽きて死んでしまいます

 

【死因】

ナウシカとテトは物語の終盤に、共に戦って滅びた巨神兵のオーマのそばにいることにしました。

実はほとんどの生き物って、オーマの近くにいると放射能を浴びて衰弱してしまいまうんです。

テトは小型生物ということもあり毒が回るのが早かったせいか、ナウシカより先に絶命してしまいました。

 

生命力の強いテトでもやはり長旅で弱ってしまっていたこともあり、毒に対する抵抗力がもうなかったのでしょう。

原作ではこのように結構ショッキングな最後を迎えます。

まとめ

ナウシカのテトについてまとめていきます!

  • テトは強いというより生命力が高い
  • 原作では終盤で力尽きてしまう
  • 死亡した理由はオーマの近くにいて毒を浴びたから

最後まで読んでいただきありがとうございました!