パルクールに関する情報&雑多ブログ

シンゴジラを過大評価しすぎで最悪?内容がオタク臭いし信者が気持ち悪い?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』は日本のみならず世界的な人気作として知られています。

かなりの話題作となりましたが、「過大評価しすぎじゃね?」と思う方も結構多いみたいです。

本記事ではシンゴジラが過大評価されすぎている理由について解説していきます。

シンゴジラとは?

 『シン・ゴジラ』は2016年に放映された日本の映画です。

12年ぶりの日本版ゴジラとしては映画化されたもので、シリーズとしては29作目になります。

〜簡単なあらすじ〜

ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。

その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。

そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。

キャストは名優が多く大変見ごたえがあります。

また、これまでのゴジラシリーズの中でもよりリアリティーが増し、本当に現実にいそうな光景となっており今にでも画面から出てきそうな迫力があります!

予告編の時点でゴジラのおぞましさがうかがえますね!

シンゴジラを過大評価しすぎで最悪?

シン・ゴジラは2016年の日本映画の中でもかなりの話題作として知られました。

ですがあまりにも過大評価しすぎていると一部嫌悪を感じている人もいます。

ちなみに僕はシン・ゴジラを観たことはないのですが、公開された年(2016年)にネットサーフィンをしているときによく「シン・ゴジラ面白かった!」という記事やツイートを見かけたりして気になっていました。

僕のリアルの知り合いもインスタグラムのストーリーで「神映画」などと言っていたので一回見てみようかな〜と考えるところまで行きましたw

でも、よく調べてみたら結構「面白くない」というコメントもあったので刺さらない人には面白くない内容なんだなぁと。

 

まあ百聞は一見にしかずなので実際に見てみないと分からないのですが、どうも調べる限り「僕には合わなそう・・・」と思う内容っぽいのでやっぱり手が出ませんw

 

その理由としては「難しい、オタク向け、エヴァっぽい」などと表現されていたりしていました。

内容がオタク臭いし信者が気持ち悪い?

 

シン・ゴジラを監督した庵野秀明さんは、「エヴァンゲリオン」の監督でお馴染みなんですよね。

だからところどころエヴァっぽい雰囲気や、会話シーンなどがあったりするらしいです。

なので見る人によっては「なんか中二病っぽい」「オタク臭い・・・」「寒い」と感じる人も多いようです。

結構こういうオタクっぽい部分に嫌悪を抱く人は多いようです。

あと「オタク」に対する偏見みたいなものが日本人には多いですね。

オタクと言っても「アニオタ」という部類が偏見を持たれるようなイメージがあります。

 

こういうこともあってシン・ゴジラという作品自体に抵抗がある人が多いみたいですね。笑

まとめ

シン・ゴジラが過大評価されている件、オタクや信者が気持ちわるいと言われている件についてまとめます。

  • 刺さる人には刺さる映画だから過大評価されている(エヴァの監督というのも影響してる)
  • エヴァっぽい雰囲気に仕上げられているのでアニメ好きの人が見る人が多い
  • アニオタと言われる人に対する嫌悪を抱く人もいる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>シンゴジラが批判されてる理由はなぜ?難しいしわからないし大人向けだから?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.