シンゴジラが批判されてる理由はなぜ?難しいしわからないし大人向けだから?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』は日本のみならず世界的な人気作として知られています。

人気な反面、見る人によっては批判があったり評価が低かったりします。

本記事ではその理由について解説していきます。

シンゴジラとは?

 『シン・ゴジラ』は2016年に放映された日本の映画です。

12年ぶりの日本版ゴジラとしては映画化されたもので、シリーズとしては29作目になります。

〜簡単なあらすじ〜

ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。

その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。

そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。

キャストは名優が多く大変見ごたえがあります。

また、これまでのゴジラシリーズの中でもよりリアリティーが増し、本当に現実にいそうな光景となっており今にでも画面から出てきそうな迫力があります!

予告編の時点でゴジラのおぞましさがうかがえますね!

シンゴジラが批判されてる理由はなぜ?

シン・ゴジラは2016年に公開された日本の映画の中でもかなりの話題作として取り上げられましたね。

ですがみんなが観て面白い映画では無い映画でもあります。

期待したけど全然面白くなかったりして批判の声もあったようです。

 

見る人によって好き嫌いが分かれるようですね。

ハマる人にはとことんハマる映画なんだと思います。

ではなぜ『シン・ゴジラ』はこんなにも人によって好みが分かれるのでしょうか。

難しいしわからないし大人向けだから?

『シン・ゴジラ』は歴代から受け継がれている”ゴジラシリーズの一つ”でもあるので、「戦闘シーンが盛り上がる」というイメージが強いと思います。

ですがシン・ゴジラは以外にも「会議シーン」に焦点を当てられているため小難しい日本語や政治的な専門用語を多用しています。

その中でもさらに早口で論争をするのでどうも子供には難しい内容と感じてしまいます。


日本人でさえも難しく感じるようですね。

どこかのサイトでは「アホには分からない映画」と書かれていたので、結構偏差値の高い人が見るための映画なのでは無いかなと思います。

なので僕には合っていない映画だと思いますw

 

まあ万人向けの映画を作ったとしても内容が薄くなってしまいますよね。

こだわるならとことんこだわって一部の層に刺さる映画というのもいいと思います。

その分コアなファンが付くでしょう。

まとめ

シン・ゴジラが批判される理由についてまとめます

  • 戦闘シーンよりも会議シーンに重きを置かれているから
  • 政治的な専門用語だったり難しい日本語を多く使っているから

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>シンゴジラが気持ち悪いしトラウマ?内容が微妙で全く面白くないと言われる理由についても

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© parkour time , 2018 All Rights Reserved.