パルクールに関する情報&雑多ブログ

シンゴジラは会議シーンが多すぎてつまらない?しょうもない安っぽいと言われる理由についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』は日本のみならず世界的な人気作として知られています。

ですが一部では「過大評価しすぎ」「会議ばかり」などどこが面白いのかわからないといった印象を持つ人もいます。

本記事では映画『シン・ゴジラ』の評価があまりよくない件について解説していきます。

シンゴジラとは?

 『シン・ゴジラ』は2016年に放映された日本の映画です。

12年ぶりの日本版ゴジラとしては映画化されたもので、シリーズとしては29作目になります。

〜簡単なあらすじ〜

ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。

その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。

そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。

キャストは名優が多く大変見ごたえがあります。

また、これまでのゴジラシリーズの中でもよりリアリティーが増し、本当に現実にいそうな光景となっており今にでも画面から出てきそうな迫力があります!

予告編の時点でゴジラのおぞましさがうかがえます。

シンゴジラは会議シーンが多すぎてつまらない?

視聴者からは、会議シーンの多さにうんざりしてしまった人が多いみたいです。

確かに、ゴジラという脅威の存在を軸に、政治的な問題などについて会議をするシーンが多いため正直小さい子やあまり政治などに興味がない人にとっては飽き飽きしてまうかもしれません。

 

反対に、「その会議シーンがあるから面白いんだ」という人もいるので見るひとの感受性によって好き嫌いが分かれる内容だと思います。

 

また、ほとんどが会議シーンで埋め尽くされていると言われていますが、その間に何度かゴジラが登場するシーンがあるのですが「やっと見れた!」という感動を味わえるのもあるかもしれません。

ゴジラの描写はかなりハイクオリティーなのでドキドキすると思います。

 

ですが、

 

たとえ会議シーンが減ったとしてもつまらなかったり、もどかしい気分にさせられる内容だとも言われてるんです・・・

しょうもない安っぽいと言われる理由についても

まず表面的に安っぽいといわれる部分は言わずもがな、「ゴジラの顔面」ですね。

 

その他の部分で言えば、

シン・ゴジラが一部に低評価を食らっているのは「日本人の習性がもろに出てる」というところです。

「日本の政治、法律について、アメリカとの関係性、専門用語が複雑すぎる」

といった風に海外からみるとどうでも良い情報ばかりが多く、日本人からしても小難しい内容になっているというのも頷けます。

一周回ってしょうもない

という感覚でしょうかw

 

2チャンネルにまとめられていたTwitterのコメントを見てみましょう。

-スレッド- 匿名A
タイ人友人がシンゴジラで分からないと言っていた部分抜粋。
①:なんであんなに会議をする。
②:なんで何回も総理に確認する。
③:なんで逃げ遅れた人がいたくらいで攻撃が中止される。
④:なんでヒーローがいない。
⑤:なんでゴジラが来てるのに逃げないで仕事してる。
等々。

匿名B

A.それが日本人だから

匿名C

このへんはまあ日本人あるある的な所ある

匿名D

どうしてだか分からないけどそれが日本人の習性なんだよ……
外国人が思うツッコミ部分を押さえていきます
  • なんであんなに会議をする。
  • なんで何回も総理に確認する。
  • なんで逃げ遅れた人がいたくらいで攻撃が中止される。
  • なんでヒーローがいない。
  • なんでゴジラが来てるのに逃げないで仕事してる。
これはもういい意味でも悪い意味でも日本人らしさが出ていますね。
「もう国民に犠牲者が何人か出ていいからとにかくゴジラをブチのめす!」
会議の中で上記のようなシンプルな解決策が出てこないのはやはりリスクや犠牲を恐れているからです。
今の状況をどうにかするというよりも「今後どうなるのか」を優先的に考えてる日本人の習性ですね。
いい意味でいうと客観的な考えとも言えます。
外国人の感覚では「映画としてのテンポの悪さ」はやはりもどかしいのでしょう。(僕もそう)
また、ヒーローがいない点についてもやはり感動が薄くなる要因とも言えますね。。。
最悪ウ○トラマンなんか登場させると激アツな展開になり、世界規模で見れば過大評価されるのではないでしょうか。←かなり雑www
まあでもそういう事ですよね。
変に話を難しくさせずシンプルに「脅威の影日本を守る希望の光の一騎打ち」みたいな展開でパーっとやっていけば良いのではないでしょうか?笑
まあそれだとベタ過ぎるというか、既視感で冷めてしまう部分がありそうですねw
とにかく、監督が頭を練ってシン・ゴジラを制作したのは凄く伝わりました!
僕はもう頭が回らないのでシンプルな構成にすると思います!笑

まとめ

シン・ゴジラが一部の層につまらないと思われてる件についてまとめます

  • とにかく会議シーンが多くゴジラの登場が少ない
  • 複雑にしすぎて逆にしょうもない
  • 小難しいので海外からのウケが悪い

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>シンゴジラの戦車やヘリコプターは本物?装備や兵器についても解説

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.