鎌倉ものがたりの原作と映画の違いは?漫画の方が面白いしおすすめ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

人間と魔物、そして妖怪が共存した町を描いている作品の『鎌倉ものがたり』。

鎌倉に住むミステリー作家の一色正和を主人公とし、妻の亜紀子を取り戻しに行くミステリー映画です。

本記事では「鎌倉ものがたりの原作(漫画)映画(実写)の違いとどちらがおすすめか」を解説していきます

鎌倉ものがたりとは?


『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、黄泉の国に連れられてしまった妻”亜紀子”を取り戻しにいくミステリー作品です。

回によって事件推理などとはかけ離れ人情モノや怪談に近い話もあり、他のミステリー作品と異なりほのぼの感が強めの雰囲気です。

 

『ALLWAYS 三丁目の夕日』『ドラえもん STAND BY ME』などを手がけた”山崎貴”監督が不思議な街“鎌倉”を舞台に“運命”をテーマとして描きます。

見る人、年齢層を問わず楽しめ、感動できるファンタジックでユーモラスな作品となっています。

原作は漫画。

舞台(ロケ地)は神奈川県鎌倉市。

鎌倉ものがたりの原作と映画の違いは?

まず結論として、

内容はほぼ同じです。

原作である漫画をベースとして実写化させただけですね!

 

ですが世界観や雰囲気が全く異なります!

 

まず漫画ではかなりポップなタッチで描かれています。

 

タッチが手塚治虫さんっぽい感じですね。

ほのぼの、まったりした雰囲気がにじみ出ています。

 

映画ではこのような感じです。

実写化するだけでも雰囲気がかなり変わりますね。

どこか大人向けになったような感じもしますが・・・

 

ですが前述した通り、内容は全て同じでギャグっぽいシーンなども満載でかなり子供向けに作られています。

映画で印象的だったシーンの1つとして「主人公の”一色正和”を演じる堺雅人さんのオーバーリアクションな演技」が漫画では描かれておらず、映画用としてアレンジしています。

漫画の方が面白いしおすすめ?

まずこれは人の好みによりますね。

まずはTwitterでの比較を見ていきましょう。

やはり、もともと漫画を読んでる人には「そこに強い思い入れがある」ので実写化はあまり受け入れられない部分がありますね。

 

反対に、全く『鎌倉ものがたり』の知識がない人は映画からみ見るのもアリですね!

それで気に入ったら漫画を楽しんで見るのも全然いいと思います。

 

 

一人で好きな時に楽しみたい方は漫画をオススメします。

家族や恋人と一緒に楽しみたい方は映画ですね。

 

古っぽいタッチで不思議な世界観を漂わせる漫画でジワジワとストーリーに更けるのもオススメですが、映画ではやはり”音楽”が付いてくるので映画の方が強く感動するのではないでしょうか。(ちょっとファンタジー感強めになっていますが)

 

結局、中立的な意見で申し訳ないのですが、

やはり最終的にはその人の感受性によるのでどちらをオススメするかは決めれません!笑

内容は同じでも違った魅力があるんです。

強いていうならばササッと見て感動したい方には映画をおすすめします!

まとめ

鎌倉ものがたりの漫画と映画の評価をまとめてみます

  • 漫画を知っている人には映画はおすすめできない
  • 知識が全くない人は映画をおすすめする
  • 家族や恋人と一緒に楽しみたい方は映画がおすすめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>鎌倉ものがたりの映画はつまらない?評価や感想レビューをまとめてみた!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© parkour time , 2018 All Rights Reserved.