雑記系

ファンタスティックビーストで主人公ニュートの吹き替え声優は誰?キャストの現在についても

「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J.Kローリング氏が新たに手がけた『ファンタスティック・ビースト』シリーズ

その主人公であるニュート・スキャマンダーの吹き替えが

「非常に合っていて聞きやすい!」

「声が凄くいい!」

と話題になっています。

本記事では、その主人公ニュートの吹き替えを担当する声優さんを紹介していきます^^

ファンタスティックビーストとは?

ハリーポッターシリーズの原作者J.K.ローリング氏の新作です。

物語は魔法動物<ビースト>を愛する魔法使いの主人公であるニュート・スキャマンダーを描いています。

ある日、ジェイコブ・コワルスキーがニュートの魔法拡張スーツケースをうっかり壊したことにより、多くの危険な魔法動物が街に逃げ出しました。

このことによりアメリカにおける魔法界と非魔法界の関係が脅かされる事に・・・

前提として、『ハリポタ』と『ファンタビ』は同じ世界の出来事です。

『ファンタビ』の主人公ニュート・スキャマンダーは、『ハリポタ』のハリーたちが通うホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」を書いた人物となります。

・・・という事は、ハリーポッターシリーズよりも前の話なんです!

主人公ニュートの吹き替え声優は誰?

ニュートの吹き替えを担当するのは

宮野真守さんです!

 

  • 本名:宮野真守(みやの まもる)
  • 生年月日:1983年6月8日
  • 出  身:埼玉県
  • 血液型:B 型
  • 身  長:182cm

主に『声優・俳優・歌手』として活動をしています。

2001年に公開された海外ドラマ「私はケイトリン」の吹き替えで声優デビューを果たし、以降「DEATH NOTE」や「機動戦士ガンダム00」など様々な作品を担当するほか、

本作のテーマでもある映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で主人公の吹き替えも担当しています。

 

また、最近では俳優の世界にも足を踏み入れて活動範囲を広げています。

そしてグランドミュージカル「王家の紋章」ではイズミル役を、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月《下弦の月》では主演・捨之介役を演じています。

 

アーティストとしての活動は2008年よりシングル「Discovery」でスタート。

声優、俳優の現場で鍛え上げた豊かな表現力と、独特な歌声、そしてダンススキルをフルに使った高いライブパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求、自己鍛錬をし続けています。

 

キャリアを見てみると、アーティスト活動に相当な情熱を持ってる方なんだなと感じます。

↑ニュートの格好でインタビューをしていますw

 

  • 視聴者の声(Twitter)

もう声がニュートの雰囲気にぴったり!と反響が凄いです!

主人公ニュートの吹き替えで苦労したこと

『ファンタビ』の応援放映の舞台挨拶にて、”宮野さんがニュートの吹き替えで苦労した事”について明かしていたのでそれも紹介します。

複雑な呪文が数多く登場する本作だけに、実力派の宮野も「特に『石になれ』という意味の“ペトリフィカス・トタルス”が超ムズいんですよ。アフレコでは何度も録り直しました」と苦労を告白。また、劇中に登場する魔法動物の一種であるオカミーをあやすシーンを再現し「ほーら、いい子だね。ママが来たよ」と甘いセリフで、女性ファンを喜ばせていた。

お気に入りのシーンを聞かれると、宮野は「ニュートとティナが最悪の出会いをするシーンで、ニュートがまったく空気を読めないんですよ。ああいう人間性をきっかけに、キャラクターをひも解いた」と役作りを振り返り、伊藤は「本当に空気が読めないですよね。あっ、ニュートのことだよ(笑)」とフォローしていた。

キャストの現在はどんな活動をしている?

そんな宮野真守さんは現在もアーティスト活動を続けています!

声優に留まらず、俳優や歌手としても範囲を広げるアグレッシブさがある方なので、これからも様々なキャリアを積み上げていくと思います!

ダンスや美術など違った分野の才能も持ち合わせていそうですね。。。

これからどう化けていくのかが楽しみです!

まとめ

『ファンタビ』で主人公ニュートの吹き替えの声優についてまとめてみます!

  • ニュート役の吹き替え声優は『宮野真守』さんが担当
  • 声がかっこいいと惚れる人も続出
  • 吹き替えで苦労したことは『ペトリフィカス・トタルス』の言い方

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>ファンタスティックビーストの主人公ニュート役がかっこいい?俳優は誰で名前はなに?