鎌倉ものがたりで貧乏神役のキャストは誰?名前や現在の職業は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

人間と魔物、そして妖怪が共存した町を描いている作品の『鎌倉ものがたり』。

鎌倉に住むミステリー作家の一色正和を主人公とし、妻の亜紀子を取り戻しに行く物語です。

こちらでは個性的なキャラクターの一人である『貧乏神』のキャストについて紹介していきます。

鎌倉ものがたりとは?


『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、黄泉の国に連れられてしまった妻”亜紀子”を取り戻しにいくミステリー作品です。

回によって事件推理などとはかけ離れ人情モノや怪談に近い話もあり、他のミステリー作品と異なりほのぼの感が強めの雰囲気です。

 

『ALLWAYS 三丁目の夕日』『ドラえもん STAND BY ME』などを手がけた”山崎貴”監督が不思議な街“鎌倉”を舞台に“運命”をテーマとして描きます。

見る人、年齢層を問わず楽しめ、感動できるファンタジックでユーモラスな作品となっています。

原作は漫画。

舞台(ロケ地)は神奈川県鎌倉市。

鎌倉ものがたりで貧乏神のキャストは誰?名前は?

貧乏神役を演じるのは『田中泯』さんです!

    • 本名:田中泯(たなか みん)
    • 出生地:日本、東京都
    • 身長:180cm
    • 職業:舞踊家/ダンサー
    • ジャンル:映画・舞台・オペラ

主な作品

  • テレビドラマ
    『ハゲタカ』・『龍馬伝』・『まれ』
  • 映画
    『たそがれ清兵衛』『隠し剣・鬼の爪』『メゾン・ド・ヒミコ』

 

1974年より、従来のダンスと呼ばれるものに反発し独自のダンスを創造していきます。

独自のダンスとは、『ハイパーダンス』と呼び、

全身の体毛全てを剃り落とし、陰部には包帯を巻いて、体を土色に着色し、ほぼ裸体に近い状態で舞うものです。

この独創的なダンスを展開していき、演舞会場、日常的な場所、ありとあらゆる場所でその姿を披露しました。

独特のダンス活動を行い世界的な評価を持つ日本のダンサー・舞踊家である。

近年では俳優としても著名だが、本人は「オドリは個人に所属できません。私は名付けようもないダンスそのものでありたいのです。」と語り「舞踏家」や「俳優」などと肩書きがつくのを「間違い」「誤解」としている。

自分自身を”ダンスそのものでありたい”という田中さん。

考え方がもう表現者の鑑ですね。

もう仙人とも呼べるほどのキャリアを積んできています。

貧乏神の役

そんな情熱を持つクールな田中さんのイメージとは反対に、貧乏神という ”だらしないキャラクター”をしっかりと演じています。

貧乏神そのものですね。さすが表現者です。

いつも片手にお茶碗を持ってる乞食、貧乏神。

クライマックスでは思わぬ形で主人公達を助けます!

 


貧乏神が視聴者に感動の涙を届けるんだとか・・・。

現在の職業

そんな貧乏神役を務める田中泯さんは、

現在もアーティスト(表現者)として様々な活動をしています!

俳優やダンス活動はもちろんのこと、

写真集を出したり、書籍を出版したりと誰かの心を動かすようなお仕事をされています!

まとめ

今回は『鎌倉ものがたり』の貧乏神役について書いていきました!

  • 貧乏神はを演じるのは『田中泯』さん
  • ダンスに人生をかける表現者
  • 現在もアーティスト活動をしている

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>鎌倉ものがたりは怖いけど感動して泣ける?子供も楽しめる(見れる)理由は?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 娯楽をより娯楽するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.