パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

ユーチューバーにアンチが多いのはなぜ?批判コメントとの関わり方や対策はあるの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

ユーチューバーは職業的に覚悟が必要です。

ノーマルである「顔出し系」のスタンスでやっていく方は特にそうです。

理不尽な批判コメントがたくさんきます。笑

ヒカキンさん、はじめしゃちょーさんほどの人気発信者は有名な分アンチも多くいますよね

僕自身も現在ユーチューバーとして活動しているのですが、たまーに批判コメントが来たりしますw

なので今回はアンチとの関わり方と対策について僕なりの方法をお届けしたいと思います。

関連記事 ネットやSNSに悪口を書かれた時に気にしない方法は?対応はどうすればいい?

ユーチューバーにアンチが多いのはなぜ?

※以下はアンチが多い発信者の動画とそのコメント欄を参考にピックアップしました。

決して僕自身が思ったことではありませんw

オリジナリティーがない

有名ユーチューバーの企画をパクったり、編集の仕方をもろに真似てしまうパターン。

 

ユーチューバーは個性を表現する事が美徳とされています。

別に他人の動画を真似することは全然悪いことでは無いのですが、

「二番煎じ」「なんか見たことある」

といった既視的な要素があると視聴者はガッカリされるようです。

動画上でのテンションが高すぎる

アンチが多いユーチューバーは「はいどーもー!」的なハイテンションな人が多いように見えます。

それはそれでその人のカラーだから良いことだとは思いますが、それに対してなんとなくムカついてしまう人が多いようですw

おそらく、そのテンションに追いつけなかったりするのでしょう。

「なんかムカつく」といった理不尽極まりないコメントを見かけますw

嫉妬されている

ヒカキンさんが良い例です。

ヒカキンさんが何か高級商品を紹介する動画でのコメントは

「無駄遣いするな」

「金の亡者だ」

といった嫉妬コメントが溢れます。笑

一般的な生活を送ってる人にとっては非現実的なものなので、どこかしら羨望感を持っているのでしょう。

主観的な価値観

何かの問題に対して発信者が主観的な意見を述べたりすると、当然そう思わない人が敵対心を持ちます。

例えばいじめについての問題

  • 発信者「いじめられる側は〇〇だから問題があると思います。」
  • いじめを受けてる当事者「・・・」

まあこれはかなり極端な例ですが、発信者が自分の意見を言うときはその影響力を考えて発言しないといけません。

発信者の軽率な一言に傷ついたり、ムッとした人が「アンチ」になるキッカケになったりします。

ユーチューバーに対するアンチコメントの関わり方や対策は?

自分だけの雰囲気を出す

喋り方や動画構成などは自分がやりたいようにやるのが一番です。

テロップや効果音、カットを多用するのは良いことなのですがそれだけが正義ではありません!笑

 

動画の中で撮れた面白いシーンや噛んでしまった部分などは、

いちいち突っ込むようなテロップは入れずにあえてそのまま流したりすると逆に面白くなったりしますw

 

効果音を入れすぎたりすると逆に「この演出なんか寒いなっ」と思われたりする場合もあります。

なのでその辺の雰囲気づくりは工夫を凝らした方が良いと思います。

意見をするなら中立視点で

ユーチューバーというのはとても影響力のある職業なので、何事も「中立」で考えて行くべきだと思います。

性別、職業、国などそれぞれの文化や考え方あるので「僕はこの立場だから辛い」といった主観的な意見は必ずそう思わない人が出て来ます。

なので「僕はこの立場で辛い時もあるけど、あの立場の人たちもきっと辛いよね

という風にフォローを入れると良いでしょう。

謙遜しすぎない

かしこまったり、視聴者に媚びすぎるとこれもまた「なんかムカつく」勢が現れます。笑

適度にマイペースなスタンスでやった方が個性も出ますし、視聴者も楽しんでくれます。

ビビりすぎて守ると動画の面白さは0なままなので、自分を適度にさらけ出してみてください。

 

コツは自分の弱い部分を見せると良いです。

僕は「喋るのが下手」「天然ボケ」といった汚点があるのですが、視聴者はそれを笑ってくれるので長所になってます。

スーパーポジティブになれますw

自慢要素を入れすぎない

自分の特技や個性を発揮してこそユーチューバーが輝けるのですが、それを主張しすぎるとアンチが来ますw

僕の場合は「パルクール」「格闘技」の動作が得意なのですが、得意だからといってそればかりを入れ込むのではなく

自虐ネタも含めるようにしています

動画では得意分野を披露して動画の随所に自分をいじめるようなテロップを入れ込んでますw

例えばこの動画


モテる転び方という気障りなタイトルですが、動画を見てみると随所に自分をいじめるような要素が含まれています。

ぜひ見てみてくださいw

だいたいこんな風に技を披露するような動画は自慢動画と思われてしまいます。

そこであえて自分をしょぼくさせることでクスッと笑えるものに変化させるとコメント欄も平和になりますw

 

おわりに

ここまでアンチとの関わり方や対策を述べて来ましたが、一番僕が伝えたいメッセージとしては

気にしない精神が最強

ということです。

 

まあ人それぞれ自分の人生の経験や教えられた事は違うものです。

自分と意見が違ったり、動画に反感を覚えるような人は「いない方がおかしいです」

アンチがついて当たり前なんです。

 

というより人間みんな嫌われて生きてます。

みんなが陰口を言われてます。

 

なのでそこは開き直って見てはいかがでしょうか。

僕はもうほとんど気になりません。

それは”ユーチューバーをやったおかげで養われた精神”でもあります。

その方法も最後に貼っておくのでぜひ見てみてください^^

最後までありがとうございました。

プライドを捨てると楽になる!他人の評価を気にしないで生きる方法

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.