パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

マイナースポーツの団体競技は面白い?おすすめの一覧を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

マイナースポーツの団体競技は名前の通り一般的な地名度はありませんが、

一部ではオリンピックに参入するような話も出たりして盛り上がっています。

ですが競技の採点基準んが複雑すぎたり、二番煎じのようなスポーツもあったりしてなかなか普及できていないのが現状です。

今回はそんなマイナースポーツ団体競技の紹介をしていきます。

関連記事 マイナースポーツ個人競技は楽しい?プロもいるおすすめ一覧を紹介!

マイナースポーツの団体競技は面白い?

個人の好みにもよりますが、やはりマイナースポーツというのはオリンピックに認定されていないスポーツなので、

大きな大会はなくとも本気で活動している人はたくさんいます。

あまり比べる人もいないし、教える人も少ないので自分で考えて技術を上げていく人も多いと思います。

そういった面では自分だけのオリジナティーな技を磨いたりもできるので、そういった面白さもあるでしょう。

マイナースポーツ団体競技のおすすめ一覧

スカッシュ

4方の壁に囲まれたコートと小さいゴムの球を用いて行う屋内球技であり、

2名(ダブルスは4名)がラケットを使用してボールを交互に打ち合います。

全ての打球は前方の壁に向かって打つ必要がありますが、そのほかの壁も全て利用することができます。

相手がボールを2度床にバウンドする前に前方の壁に打ち返すことができなかったり、ボールが壁に届かなかったりすると、自分の得点になります。

クロナムボール

2006年海外スペインで誕生した驚愕の新スポーツ。

サッカー、バスケ、ハンドボールが混ざったような感じです。

ゴール上部のクラウンリングに入れると高得点。

セパタクロー

バレーボールを脚でやるスポーツです。

ボールを手ではなく足(キック)や頭(ヘディング)で扱う点ではサッカーや蹴鞠を連想させますが、

テニスやバレーボールなどと同様、境界にネットを置いたコートを使用することから「足のバレーボール」とも呼ばれます。

クロスミントン

2002年ドイツにて考案されたニュースポーツで、これまでに何度か競技名が変更しています。

シャトルボール →スピードミントン →クロスミントン

簡単にいうとテニスとバドミントンが混ざったような競技ですが、 基本的に場所を選ばずに手軽にできそうですね。

チアリーディング競技

体操、新体操、チア(応援)などが混合したような競技です。

もともとプロフェッショナルチアリーディングという応援専門のチアから派生して競技となりました。

採点基準がかなり細かく、笑顔、ダンス、綺麗さ、協調性、シンクロ性などたくさんあります。

まとめ

世界には個人競技から団体競技までたくさんのマイナースポーツがあります。

とても興味を惹かれるものばかりです。

 

メジャースポーツと比べると、スポーツ一本で生計を立てれる訳ではないのでその道のインストラクターや指導者として生きている人もいます。

また、ここ最近の時代はエンターテイメントや個人の表現が尊重されるようになりました。

特に日本はそういった流れに乗っているように思います。

なのでマイナースポーツが輝いて陽の目を見る時がくると思います。

 

趣味でやっているようなものでも正式な大会が生まれて本気で取り組める日が来ることを祈っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.