パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

アクロバットと器械体操の違いは?難易度や危険性はどっちが高い?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

アクロバットと器械体操の違いがわからない・・・

この2つは似たような競技性なので、疑問を持ってる方も多いと思います。

バク転やバク宙といった”回転する系の競技”というのは共通していますが、それ以外はふんわりとしているのではないでしょうか。

なので今回はアクロバットと器械体操の細かな違いについて深掘りしていきます。

関連記事→アクロバットで簡単でかっこいい技は?

アクロバットと器械体操の違いは?

まず簡単に違いを説明するとこのようになります。

アクロバット → 自由性のある身体運動

器械体操 → ルールに基づいたスポーツ

では2つの細かな性質について触れていきましょう。

アクロバット

  • 普通の人では難しい身軽な身体運動や熟練の身体運動のこと。

上記の説明に沿って説明すると、アクロバットはバク転などといった回転技に限らず

”人間の身体一つで行う曲芸”と捉える事ができます。

細かく説明すると、

常人には理解し難い不思議な動きや、鍛え上げた肉体を利用して人を驚かす事ができるくらい極めた動きをする。

という表現ができます。

僕が表現できるアクロバットはこのようなものになります。

器械体操

  • 徒手または器械を用いた体操の演技について技の難易度・美しさ・安定性などを基準に採点を行い、その得点を競う。

上記の説明によると、細かな採点基準がある事がわかります。

アクロバットと比較すると、器械体操は”スポーツ”という類に入るのでルールというものがあります。

特に”美しさ”という点ではとても厳重に見られるので綺麗なシルエットを心がけて行かないといけません。

反対にアクロバットはルールがない為、

”汚い方がかっこいい” ”シルエットがカッコよければいい”

といった感覚的な評価基準があるので自由性があります。

アクロバットは小さな大会もあるようですが主にサーカスやパフォーマンスで演技する事が多いので、

器械体操とアクロバットは目的そのものが違います。

器械体操の代表的な動画を紹介すると以下のものになります。

アクロバットと器械体操の難易度や危険性はどっちが高い?

それぞれの違いを抑えていただいたところで、難易度や危険性についても触れていきましょう。

難易度

こちらについては明らかに”器械体操”になるでしょう。

単純に、ルールの下で行うからです。

アクロバットは綺麗さや着地の動作など気にする必要はないので難易度というよりも”見た目”を重視します。

危険性

危険性を考えてみると、

どちらも同じくらいでしょう。笑

器械体操は大会中に失敗して鉄棒に衝突したり、練習でもそういった出来事は起こります。

アクロバットも同様です。

ただ、アクロバットは正式なスポーツとしては扱えてもらえていないので、自分のレベルを超えた練習をしてしまいがちです。

無茶をしてしまうので、明らかに難しいと思われる技をやったりして突発的な怪我をしやすいと思います。

 

なのでしっかりと指導者の下で練習できる器械体操はこのようなトラブルは少ないと思います。

まとめ

いかがでしたか?

器械体操とアクロバットの違いについて触れていきましたが、

まあアクロバットといってもたくさん種類や概念があるわけなので、あくまで一つの意見として捉えていただければいいと思います。

また、アクロバットについての記事をまとめているのでぜひ見てみてください。

→ アクロバットを難易度順に技を紹介!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.