パルクールに関する情報&雑多ブログ

三角筋は自宅で簡単に鍛えられる?肩をでかくする腕立て伏せのやり方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

肩を大きくしたい

特に男性はスポーツだけでなく見た目の筋肉を鍛える上で、

肩の大きさはだいぶ体格に影響してきます。

その肩の筋肉である”三角筋”を、

ジムに通って重りを用いるウェイトトレーニングをせずに、

簡単に自宅で鍛える方法についてご紹介していきます。

関連記事➡︎家で出来る足が速くなる練習メニューは?骨盤が安定する体幹の鍛え方を紹介!

 

三角筋は自宅で簡単に鍛えられる?

まず、三角筋を鍛える上で必ずしも器具を使ったウェイトトレーニングを

しなければならないという事はありません。

三角筋の腕立て伏せは自宅で簡単にできる!

自重の腕立て伏せは場所を選ばないので、自宅で行えます。

ウェイトトレーニングよりは効果は少ないですが、

今回教えるやり方は三角筋を重視した内容なのでしっかりと刺激を与えることができます。

 

肩をでかくする腕立て伏せの解説動画

腕立て伏せのやり方

一つ目は

  • 両手を肩幅に狭めて腕立て伏せ

効果としては、

身体を支えるための三角筋に負荷がしっかりとかかるので

余裕のある方は両手の親指をつけて更に狭めてみると効果を感じられます。

 

二つ目は

  • おへそのラインに手をついて腕立て伏せ

効果としては、

おへそは体の中心にある部分なので、そに手を置くことで体重全体が三角筋の一点に集中します。

それによって通常の腕立て伏せの数倍の負荷がかかり刺激を与える事ができます。

一つ注意点をあげると、

手を置く際にそのまま指先を前に向けていると手首が曲がる範囲を超えてしまい、

痛めてしまうので指先を外側へ向けて手首を守ってあげましょう。

まとめ

以上、簡単に行える三角筋用の腕立て伏せでした。

紹介したやり方は

  1. 肩幅に合わせる(親指同士を付け合うやり方でも良い)
  2. へその位置に手を起き、指は外側へ向ける

どちらか一つ行っても良いのですが、

1、2の流れで順番に行うとより効果的です。

動作が分からないという方は動画を見ていただく事をおすすめします。

また、三角筋を鍛えることでアクロバットやパルクールに良い影響をもたらすのはもちろん、

全てのスポーツのパフォーマンスを向上させるというメリットがあります。

そして何より男性は服を着たときに肩が盛り上がるので

肩幅が広く見え、ガッチリとした見た目になります。

今回ご紹介した腕立て伏せはそんなふうにいい事だらけの効果を期待できるので、

是非空き時間や自宅などてやってみてください!

関連記事➡︎バク転練習を1人でする方法!マットが無い場所でもいいの?【動画解説あり】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.