パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

目標があるのに行動が出来ない原因と理由は?どうすれば解決する?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

やりたい事は決まった。でも。。。

何か目標を決めたのはいいが、行動が出来ない。

そういった方はとても多いです。

それにはいくつかの原因が重なったり、たった一つの事で動けなかったり。

悩みは様々です。

今回はその原因と理由を深堀りし、解決策を書いていきます。

関連記事⇒ 好きな事が見つからない理由と原因は?見つけ方がわかる動画3選

目標があるのに行動が出来ない原因と理由

 

目標を決めて満足している

これは、「目標を決める」という行為自体が疲れる作業だからです。

よくある、決める時だけテンションが高くなるやつです。

本を買って満足して家に帰ったら放置みたいな。(僕はしませんがw)

目標を決めたら直ぐ動き出さないと、日に日に面倒くさくなってくきます。

世間体を気にしている

自分の目標が他人から見てあまりいいものではない、見せたくないと思っている分野の方に多く見られます。

そうでない方は、単に本当に自分が求めるものではないかも知れません。

達成できなくても許せるモノを目標にしている

失敗しても別にマイナスにはならない事を目標にしていたり、

「なれたらいいな」くらいの気持ちなので、もし仮に始めたとしてもすぐに投げ出す可能性大です。

ビジョンが明確ではない

”ビジョンというのは、達成後の「景色」「匂い」「感情」など細かい部分まで想像する事です。

それがハッキリせず、ぼんやりとした形でイメージしてる場合は行動できないパターンの一つです。

やらないといけないと思っている

本来目標というのは、”達成したい”というポジティブな気持ちから生まれるものですが、

”達成しなければいけない”と使命感を自分の中で作ってしまいます。

そうなると本能がいろんな形(眠気やダルさ等)で拒否するようになります。

環境のせいにしている

お金が無い、時間が無い、家族や友人の反対される、教えてくれる人がいない、人脈がない。

このようなハンデがあるから行動できない。

もしくはモチベーションが下がるという考え。

目標があるのに行動が出来ない人は、どうすれば解決するのか

では原因と理由を抑えてもらったところで、具体的にどうすればそれを解決できるのでしょうか。

これから教える解決方法は、先ほど上げた原因と理由を全て跳ね除ける力があります

それは、

様々な価値観に触れて自分の心の声を聞く

抽象的すぎますか。

どういう事かというと、

映画、本、音楽、出会い、哲学、芸術etc…

これらを1日の中でたくさん触れるように意識し、感性を養うということです。⇦僕は本を読みまくりました。

 

自分はどういった事に感動するのか、腹を立てるのか、変に思うのか、嬉しいと感じるのか。

そのたくさんの感情を感じる事で、本当のなりたい自分(目標)というものがハッキリとしたビジョンとなります。

 

本当の自分の求める感情

それは、興奮であったり、平和(落ち着き)であったり、懐かしさだったりします。

それは人によって感じ方は違います。

ミュージシャン、アスリート、アーティスト等、華やかな舞台で幸せを感じる場合は

”興奮”

田舎でのんびり読書をしたり、新幹線に揺られて旅をする事で幸せを感じる場合は

”平和な心”

自分を犠牲に払ってでも誰かの為に尽くしたり、役に立つ仕事で幸せを感じる場合は

“やりがい

 

こういったように自分はどういった感情が一番しっくりくるのかを確かめる必要があります。

 

何か自分の中で込み上げてくる ”熱” ”鳥肌” ”脳みそスパーク”

そういった直感が実は一番信頼できるモノなんですよね

 

僕が求めるモノは、”心の平安”です。

常に心が豊かである事です。

それは自由になる必要があります。

僕の中での自由は、「仕事や会社に縛られず、自分のやりたいようにできる」という事。

PC一つで仕事しながら旅できたらアツくね!?

この腹の底から沸き起こるワクワク。

それを本当に実現したいから今、目標を叶える為の行動が出来ているわけです。

 

こういう風に、心の求める感情のあり方を見つめる事で

本当になりたい自分の姿や心境を見つける事ができます。

ここで「何にも代え難いワクワク感」を覚えたら、自然とストレスフリーで行動が出来るわけなんです!

 

なので

目標設定は、ワクワク感から生まれるものでなければいけない。

ワクワクするものには、どんな壁があっても関係なくスキマを潜って近づきたいですよね。

僕はそう思います。

これが一番の行動力、モチベーションの核です。

おわりに

いかがでしたか?

行動までのプロセスを段階的にまとめると、

  1. 様々な価値観に触れる
  2. 自分は何に心を動かされるのかを感じる
  3. その中でワクワク感が込み上げてくるものに焦点を当てる
  4. そのワクワクを実現できるために何が出来るか考える
  5. 現実味が出てきて行動しやすくなる
  6. 行動

 

という流れになります。

先ほど説明した流れもそうですが、僕が最終的に自分が求める価値観に出会えたのは、

辛い思いをした経験があるからなんです。

だから、その辛い事の逆を突くというのも一つの手かも知れません。

僕の場合だと、

辛い事=縛られる事

なのでその逆である、縛られない事が自分が求めるものだと悟ったわけで、自由になろうと決心したわけです。

そこから少しずつワクワクを感じ始めて、行動に移せたという流れになります。

ワクワクを感じて行動したからといって、スムーズに事が進むという保証はなく、僕みたいに一度挫折して本当の価値観というものに気づくパターンもあります。

ですが、それも行動しないと出会えないもの

何事も行動ありきです。

関連記事⇒ 夢を持つ人と持たない人の特徴の違いは?各メリットとデメリットは?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.