パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

もうダメだと思った時、立ち止まってしまった時に聴きたい曲3選

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

もうどうすることも出来ない・・・

厳しい現実を突きつけられた時、

人は不安や悲しみの限度を超えると、言葉に出来ない絶望感を味わいます。

それは夢や目標の道の途中で挫折した時や、思わぬアクシデントに巻き込まれた時、様々な理由があります。

人生は思い通りに行きません

でもその中で「どう生きるか」そんなヒントを与えてくれる曲を紹介します。

これから挙げる3曲は、実際に僕が挫折を味わい”ほぼ心が折れていた状態”の時に貪るように聴いていた曲です。

生きる気力を湧かせてくれるので、今どうしようもなく悩んでる方は是非聞いてみてください。

もうダメだと思った時、立ち止まってしまった時に聴きたい曲5選

僕が聴く曲は幅広く、特にマイナーな曲が多いです。

Linkin Park 「Sharp Edges」日本語訳

リンキン・パークは、アメリカ合衆国のロックバンド。

1996年に結成されたバンドでとてつもない人気を誇っていたのですが、

2017年7月20日、メンバーの主軸であるボーカルのチェスター・ベニントンさんが、41歳にして自ら命を絶ちました。

彼の作る歌詞は、自身が抱えるうつ病と闘っている中で湧き上がる言葉から生まれています。

そんな彼が最後のアルバムに残した曲の一つである「Sharp Edges」の歌詞が本当に人生の辛さや美しさを表現しています。

辛い時、聴いてみてください。

不可思議wonderboy 「いつか来るその日のために」

不可思議wonderboyは、ポエトリーリーディングという「詩の朗読」と「ラップ」を融合させたジャンルで歌っており、

詩人でもありラッパーでもある彼の言葉選びが巧みで、

温かい何かが胸に染み込んでいくような歌詞が連なっています。

そしてまた彼も、24歳という若さで夢の途中で亡くなってしまいました。原因は交通事故です。

この「いつか来るその日のために」という曲はまさに”立ち止まっている時”に聴いて欲しい曲です。

個人的に好きな部分は「もう無理だと思った瞬間にこそヒントがあり、必ず次に進むべき一歩があった」

という歌詞が大好きです。

森山直太朗 「生きてることが辛いなら」

「さくら」でおなじみの森山直太朗さん。

「生きてることが辛いなら」という、ド直球すぎるこのタイトルは聴かずにいられません。

立ち止まった時はもちろん、何か不幸や悲しい出来事に見舞われた時にも聴いて欲しい曲です。

タイトルから読み取れば、優しく語りかけてくれる歌だと思っていましたが、

いきなり厳しい台詞を吐き、人生の真理というものを突きつけられます。←それが妙に納得できます。

ですが、その中でも優しさのある歌声と言葉で聴けば聴くほど癒されていく自分に気が付くでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

先ほどあげた3曲に共通するものは、

「一度どん底に落ちたからこそ、這い上がって更に強くなれる」という事。

人生を順風満帆にスムーズに過ごせる人もいれば、失敗ばかりの人生の人もいる。

どちらが偉いとか、正解はありません。

ですが失敗や挫折、惨めな思いをしながらも壁を乗り越えた人にしかわからない”感慨深さ”や”人生の美しさ”を知る事が出来ます。

そしてその経験は必ず良い方向へと実を結び、「他人の痛み」を敏感に受け取れるようになります。

とても魅力的な”深みのある人間”へと成長します。

辛い時は、じっくりその感情に正面から向き合ってください。

いつかまた歩き始めて壁が立ちはだかった時に、その時の感情を思い出すのです。

すると、「あの頃に比べたらまだマシだよな」と自分を励ませるようになります。

 

僕自身、挫折を味わいとても惨めな思いをしましたが、今はそんな過去があって本当に良かったと思います。

人として一歩成長できたと実感しています。

そして今は新しい目標を見つけ、その目標に向かって着実に一歩を進めています。

人生は良い意味でも悪い意味でも思い通りに行きません。

人間は気持ちの波が激しいものなので、

一つの出来事に一喜一憂せずに自分の心と見つめあいながらその瞬間を生きましょう。

素敵な未来を信じて。

僕もその日を楽しみに今日も頑張っていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.