パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

パルクールに効果的なジャンプ力の鍛え方・トレーニング方法を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

『パルクールの上手さとジャンプ力は比例する』

パルクールは実際ジャンプ力が無くても身体の使い方次第では見栄えの良い動きはできますが、

そこから更に高さを加えたり回転数を加えたりしたい場合には、ジャンプ力が無いと先へは進めません。

小手先の技術は上手いに越した事はありませんが、それだけだと成長が止まってしまいます。

なので今回はパルクールで上を目指す人の為のジャンプ力向上トレーニング方法を紹介していきたいと思います。

パルクールに効果的なジャンプ力向上トレーニング方法

これからご紹介するトレーニング方法は、僕が高校時代にレスリングをやっていた頃の筋トレです。

実際にジャンプ力や技のキレが増した事実(体感)があるので、皆さんにもきっと効果があるはずです。

坂道or階段ダッシュ

上り坂の坂道(階段)ダッシュの効果は、太ももの裏側であるハムストリングスが鍛えられます。

ハムストリングスは瞬発的な動きをする際に使われる筋肉で、バク宙プレシジョンといった足の屈伸運動の際に大きな役割を果たすので、

ハムストリングスを鍛えると自ずとジャンプ力が高まります。

【サンプル】

↑の映像は階段を1段ずつ登っていますが、パルクール風にアレンジして2,3歩分飛ばし飛ばしで走ってみるのも良いです!

【坂道ダッシュ】

 

ジャンプスクワット

ジャンプスクワットは太ももを中心に下半身全体を鍛える事ができ、

ハムストリングスと同様、屈伸運動の際に力を発揮します。

坂道ダッシュが出来ない場合はジャンプスクワットを屋内で行うのもアリですね。

【サンプル】

【解説】

ハイクリン

ハイクリンはバーベルを使うトレーニングです。

効果としては、身体全体まんべんなく鍛える事ができ、特に背筋を強くする事ができます。

背筋はスポーツで良く使われる場所で一番重要な役割を担っています。

もちろん背筋を鍛える事で更にジャンプ力を向上させる効果があるので、

ジムに通える方や近くにトレーニング施設がある場合に是非やってみてください。

【サンプル】

【解説】

まとめ

ジャンプ力向上トレーニング方法を3点に絞ったのは、今までいろんなトレーニングをしてきた中で一番この3つが効果があったからです。

3つめのハイクリンに関しては環境的に厳しい方がいると思いますが、その場合は坂道ダッシュかジャンプスクワットだけでも良いです!

それだけでかなり効果が期待できるので!

そしてやはり筋トレに関しては”継続“をしないと意味がありません。

今回紹介した中で一番手軽に誰でもできて継続させやすいのはジャンプスクワットだと思うので、

まずは1ヶ月を目標に挑戦してみてはいかがでしょうか!必ずジャンプ力が上がります!

ジャンプスクワットを継続するだけでかなりパフォーマンスが変わってきます!

本当に今回紹介した3つの方法はジャンプ力アップ効果があるので是非試してみてください!

【関連記事】

パルクールにおいて筋トレは絶対必要なのか?

パルクール初心者は筋トレから?基礎トレーニング4選をご紹介!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.