パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

マカコの簡単なやり方とコツは?怖い時やできないときの対処法【動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

マカコを覚えよう!

マカコはアクロバットだけでなく、ブレイクダンスやパルクールにも使われる汎用性の高い技で有名です。

しかもバク転よりも簡単で安全な技で覚えるのは簡単のようにみえますが、人によっては「片手を地面に着けて回る」という行為に恐怖心を抱いてしまう方もいます。

なので今回はマカコのやり方と怖い時の対処法をご紹介していきたいと思います!

マカコの解説動画

マカコ(アクロバット)の特徴

マカコは動作的にはバク転と似た部分があるのですが、唯一違うところは「片手を地面に着けて、それを軸に後方へ回る」という部分です。

マカコの簡単なやり方とコツ

今回は右手を軸手として解説します。

1・利き手を地面に置く

【右手を地面に置くと同時に膝を曲げて座ります。←尻は付かずに和式便所に座る感覚w】

2・反対の手を後ろに振る・蹴り上げる

【左手を後ろへ振って地面につきに行くと後方への勢いが付くので、その勢いを利用して両足で地面を蹴りあげて身体を回転させにいきます】

3・両手を付ける

【右手は元々地面についているので、後から振り上げた左手をそのまま右手に並べるように着きにいって倒立姿勢に入ります】(ここまで来たら着地は自然にできます)

マカコが怖い・できない場合の対処法とは?

いくら簡単で安全な技といっても、人によっては恐怖心はありますよね。

そういった場合に最適な練習方法は、

角度を少しずつずらしていく

これを実践してみてください。

というのは、恐怖心を抱いてしまうのは「一瞬地面が見えなくなるから」です。

なので最初は足の軌道を真上に持っていかずに、斜めを通るようにすればずっと地面を見続ける事ができます。

まとめ

マカコを簡単に説明していくと、

  1. 利き手を地面に置き、膝を曲げて座り
  2. 反対の手で後方に振り上げ勢いを付け
  3. 両足で地面を蹴って身体を回転させ
  4. 倒立姿勢に入ってそのまま着地

といった流れになります。

マカコはほとんど側転みたいなようなものなので、最初はその感覚で練習すればやりやすいかもしれません。

また、力がほぼ要らないのでコツさえ掴めばすぐに出来るようになります。

そして、マカコはパルクールの技としても使われ、段差を使って「マカコツイスト」といった捻り技にも派生させる事が出来るので覚えておいて損はないと思います。※マカコツイスト講座は教材限定です。

是非挑戦してみてください!

以上、マカコ講座でした!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.