パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

段差バク宙は怖い?恐怖心を無くすコツや練習方法は?【パルクール基礎講座】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

段差バク宙を覚えよう!

パルクールでは今や必須スキルとなる段差バク宙。

段差バク宙が出来るようになれば2回転する「ダブルバック」や前に流しながら飛ぶ「ポップアップゲイナー」等に繋げていくことが出来ます!

また、段差バク宙は自分の力をフルで使う必要が無いため、平地でのバク宙よりも難易度的には低いです。

でも先に平地でのバク宙を先に覚えたいという方は以下のリンクから基本を抑えておきましょう^^

バク宙の練習方法と失敗しないやり方は?怖い恐怖心をなくすのがコツ?【動画解説あり】

では早速段差バク宙のやり方を深掘りしていきます!

段差バク宙(パルクール)の特徴

段差バク宙は、普通のバク宙のような”跳ぶ”という感覚ではなく、段差を利用して”落ちる”といった部分が特徴です。

脚力の少ない女性の方は段差バク宙の方がやりやすいのではないでしょうか。

段差バク宙の練習方法

段差バク宙は、ほとんど平地でのバク宙とやり方は同じですが、少し違う部分があるので段階的に説明していきます。

1・両腕を後ろへ引く&膝を曲げる

【管理人の場合は両腕を後方45度の位置より少し上まで引きます。膝は曲げ過ぎずに適度に曲げましょう】

2・後ろ斜めにジャンプ

【後ろへ引いた腕を思いきり後ろ斜め(45°)へ伸ばします。その後に膝を伸ばしてジャンプをします】

3・抱え込む(伸身でも可)

【足が地面を離れた瞬間に両膝を胸元へ引き付けます。引き付けた後は両膝を手で抱え込んで丸くなりましょう】

【段差からのバク宙は滞空時間が長いので、抱え込まずに身体を伸ばしたり反ったりして見栄えを良くしたりするのもありです】

4・着地

【地面が見えたら抱え込んだ足を伸ばして着地をしにいきます】

段差バク宙で怖い恐怖心を無くすコツと方法

  • かなり後ろへ跳んでみる

【理由】

段差をつかったバク宙で一番怖い部分と言えばやっぱり「段差の角に顔や膝がぶつかる危険性」です。

それ以外は特に危険な部分はほぼ無いのでそこだけ気を付けて確実に角に当たらないように真後ろに跳ぶようにしてください。

また、これもやりすぎると着地が出来ず腹ばいで落下してしまう可能性がありますが、角に顔面を打つよりははるかにマシです。笑

練習する際は柔らかいマット(無ければ砂場か芝生)で行ってください。

まとめ

段差バク宙を簡単にまとめると

  1. 両腕を後ろへ引いて跳ぶ準備をして
  2. 後ろ斜め45°に向かってジャンプをして(最初は真後ろでも良い)
  3. 抱え込み(または伸身)をして回転
  4. 地面が見えたら着地

といった流れになります。

平地でのバク宙との唯一の違いは「跳ぶ角度」のみ

と思われた方もいると思いますがここでもう一つやってもらいたい事があります。

それは、ランディング(4点着地)です。

段差から落ちる技なので着地の際に膝や腰への負担はとても大きいです。

なのでランディングを使って着地時の衝撃を抑えましょう。

パルクールの着地!ランディングのやり方とコツを解説【動画講座あり】

これで完璧な段差バク宙を覚えていきましょう!

 

以上、段差バク宙講座でした!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.