パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

壁ロンダートのやり方とコツを解説!【パルクール講座/動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

壁ロンダートを覚えよう!

まずみなさんは壁ロンダートと聞いてどんな技かイメージ出来るでしょうか?

実際思い浮かぶ人は極少数だと思います。笑

なぜなら、日本人で管理人しかやっていないパルクールの技だからですw

今回はそんな謎多き壁ロンダートを深掘りしていきます

壁ロンダートの解説動画

壁ロンダート(パルクール)の特徴

体操のロンダートでは最初に手を着くのは地面ですが、壁ロンダートは名前の通り、壁に手を着いて地面に着地するという技です。

これはロンダートが綺麗に出来ていないと難しい技なので先にロンダートを完璧に習得しておきましょう。

ロンダートのやり方とコツは?【動画解説あり】

壁ロンダートのやり方とコツ

今回は踏切り足を左足として説明していきます。

1・助走

【壁に向かって4・5歩程度の助走をします。】

2・ホップ

【通常のロンダートのホップでは両腕を上に上げて一度跳ねる動きをしますが、壁ロンダートでは両腕を「モンキーヴォルト」のように一度両腕を後ろへ引いていきます。」】

3・踏切り・半分ひねる

【引いた両腕を前に伸ばしながら反時計回りに腕を回転させ、身体を仰向け状態(半分捻った状態)にします。】

【同時に左足で踏み切りを行い地面から離れます】

4・着手・回転

【身体が上を向いている状態で壁に手を着き、後はバク転のような動きで回転させます。】

5・着地

【地面が見えてくるのでその時に壁を両手でしっかりと押して足を下にもっていきましょう】

壁ロンダートで気を付けるべきポイント

  • 壁を思い切り押す

【理由】

壁に着いた両手で思い切り身体を跳ね返さないと、そのまま壁に足が衝突してしまい着地が取れなくなるからです。

まとめ

壁ロンダートを簡単にまとめると

  1. モンキーヴォルトのような助走をして
  2. 踏切りと同時に両腕を反時計回りに回転させて
  3. 仰向けになったと同時に両手を壁に着手させて
  4. バク転をするように壁を手で押して
  5. 着地をしにいく

といった流れになります。

壁ロンダートはロンダートさえ習得しておけば可能な技ですが、完成度を高めたい方は壁ロンダ―トの要素の一部である「モンキーヴォルト」と「バク転」を習得しておいた方が良いでしょう。

⇒モンキーヴォルトのやり方と片足踏切を失敗しないコツ【動画解説あり】

バク転練習を1人でする方法!マットが無い場所でもいいの?【動画解説あり】

これらが完璧に出来る人は壁ロンダ―トの習得は簡単だと思います。

また、冒頭に「壁ロンダートは日本人の中では管理人しかやらない技」と言いました。

中には数名いらっしゃるかもしれませんが、海外の方達の中では結構やる人が多いです。

マニアックな技ですが、海外の方がやるとかなりダイナミックな印象を受けます。

なので壁ロンダートは完成度次第でとても見栄えのある技となるのでこの機会に是非練習してみてはいかがでしょうか?

以上、壁ロンダート講座でした。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.