パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

ウォールスピンのコツや難易度は?練習方法を動画解説ありで紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

ウォールスピンを覚えよう!

ウォールスピンはパルクールの移動術ではありませんが、パフォーマンスとしては非常にかっこよく見栄えのある動きです。

ウォールスピンを習得するにあたって男側宙を先に覚えておくと、非常に楽に覚えられます。

側宙は何種類あるの?それぞれのやり方や難易度は?【パルクール基礎講座】

ではウォールスピンを深掘りしていきます。

ウォールスピンの解説動画

ウォールスピンの特徴

ウォールスピンは壁に両手を着いて身体を横に回転させる技です。

横に回転する要素として通ずるのが男側宙なので、”壁に手を付けた側宙”という風なイメージですね。

ウォールスピン(パルクール)のやり方・練習方法

今回は、左回りを前提として解説していきます。

1・壁に対して真っすぐ(垂直)に助走をする

【ウォールスピンは手で壁を押して浮遊させる部分が大きいのでしっかりと壁を押せるように正面から助走をします。助走の歩数は5歩程度で良いです。

2・両足で踏切り

【壁の手前まで助走したら両足を合わせてジャンプをしましょう。】

※ジャンプする際は両足の蹴り(反動)を使うのも、膝の曲げ伸ばしで跳ぶのもどちらでも良いです

3・両手を壁につける

【手を付ける高さはジャンプした時の自分の顔の位置で右手が上、左手が下にくるようにしてください。

手の幅は肩幅程度で良いです。】

4・壁を押す・身体を回転させる

【次にそのまま手で壁を押して身体を更に上へひきあげ、身体を真横に回転させましょう】

※壁にずっと手を着けてその間に身体を回転させてしまうといった感覚の人もいます。

5・着地

【両足でも片足でもやりやすい方法で着地をしてください】

ウォールスピンで気をつけるべきポイント

  • 滑る壁でやらない事

【理由】

ウォールスピンは壁に手を着けて体重の半分を支えるので、滑るような壁でやると思い切りプッシュが出来ないうえ、手が滑ってさかさまの状態で落ちてしまう可能性があるからです。

ウォールスピンの難易度はどのくらいか

ウォールスピンはパルクールの中でフリップ(宙返り)の部類に入ると思うのですが、その中では比較的難易度は低い方だと思います。

また、冒頭では「男側宙を覚えておくと有利」と説明しましたが、”有利”なだけで、別に側宙ができないとウォールスピンの習得が難しいというわけではありません。

壁に半分の体重を支えるわけなので、多少の筋力があれば練習すれば誰にでも出来る技と言えます。

まとめ

ウォールスピンに関しては実は管理人は「オリジナルなやり方」で行っています。

それは「両手だけでなく、右足も壁に着ける」という方法です。

どういう事かというと、

壁を蹴って上へ駆けあがる移動術であるウォールランの技術を使って

「一度壁を蹴って高さを出してから両手を着けて回る」

というふうに移動術の技術をフルで活用してフリップの高さを更に出すようにしています。

これは、パルクールの基礎であるウォールランをしっかりと抑えていないと出来ない事です。

この機会に是非ともウォールランを覚えてみてはいかがでしょうか?

ウォールランのやり方とコツを解説!【パルクール基礎講座】

「移動術」と「フリップ」は違ったジャンルですが、壁を使う点においては同じなのでフリップは移動術の延長と思っていた方が良いかもしれません!

パルクールは基礎をしっかりと身体に馴染ませておくことで幅が広がっていきます!

以上、ウォールスピン講座でした!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.