パルクールに関する情報&雑多ブログ

ロンダートのやり方とコツは?綺麗にバク転に繋げるには?【動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

ロンダートを覚えよう!

ロンダートと言えば体操競技では必須の技ですよね。

バク転やバク宙の勢いと高さを出すための最高の手段でもあるロンダートは簡単なのですが実は奥が深い技なんです。

特に、ロンダートが綺麗に出来ない人はその後に繋げる技も汚くなってしまいます。

なので今回はロンダートについて深掘りしていきます。

ロンダートの解説動画

ロンダートの特徴

ロンダートはほぼ”側転”みたいなものなのですが、最後に足を揃えるという点がロンダートの特徴であり、側転と唯一違う点にもなります。

そしてロンダートを覚える前の必須条件として、側転を覚えておきましょう。

側転の簡単なやり方とは?コツは足の動き?【パルクール基礎講座】

ロンダートのやり方とコツ

今回は踏切り足を左足として説明していきます。

1・ホップをする

→ホップは勢いをつける為に一度跳ねる事を意味します。

【両腕を上にあげて、同時に先に左足を浮かして右足で地面を蹴って一度身体を浮かせます。その後に右足から着地してその後に左足を少し前の位置にくるように着きます】

2・踏切り・振り上げ

【思い切り右足から真上に振り上げ、直後に左足を振り上げた右足に揃えに行きます】

※右足の振り上げをどれだけ真っすぐに速く出来るかがポイントになります。

 

3・手を着く

【足の振り上げと同時に上半身を折り曲げて、上げた両腕を下ろし思い切り地面へ着きに行きます】

※手を着く位置は、左手が手前で右手が奥になるように縦向きにしてください。

自分の身体から「遠すぎず、近すぎず」を意識して自分の目線より少し前程度の位置にすると良いでしょう。

4・手で地面を押し上げる

【両足が上にいき身体が倒立状態になった瞬間についている手で地面を思い切りプッシュして身体をふわりと浮かせましょう】

5・着地

【着地は両足が揃った状態で、身体が前傾でなく”直立”している状態まで起こしましょう】

ロンダートから綺麗にバク転に繋げるには?

  • 両腕の力を抜く

【理由】

ロンダート⇒バク転の繋ぎが汚くなったり、スムーズに出来ない方はバク転の際に「両腕に力が入っている」可能性があります。

両腕に力が入っていると、自然に全体も硬直してしまいしなやかなバク転が出来なくなります。

なのでロンダートが終わった瞬間に両腕の力を抜きムチのように後方へ腕を振ると速くて綺麗なバク転が出来るようになります。

まとめ

冒頭でも書いたように、ロンダートはとても簡単で「側転」さえ習得すれば誰でも出来る技です。

ですが、足が曲がっていたり、減速してしまったりという風に、ロンダートの完成度が低いと本当にその後に繋げるバク転などの技に悪影響をもたらします。

逆にロンダートさえしっかりできれば多少バク転が苦手でも勢いをつける事が出来るのでバク転までしっかり出来る事もあります。←人によりますが。

なので基礎となる地味な技こそ突き詰めて欲しいです!

以上、ロンダート講座でした!

ロンダートが出来たら、バク転やバク宙も挑戦してみましょう^^

バク転練習を1人でする方法!マットが無い場所でもいいの?【動画解説あり】

バク宙の練習方法と失敗しないやり方は?怖い恐怖心をなくすのがコツ?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.