パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

レールスプリングのやり方とコツを解説!【パルクール基礎講座】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

レールスプリングを覚えよう!

レールスプリングはパルクールの技の一つで、平地で行う転回をレールやバーを使って行います。

なのでまずは転回を覚えてからレールスプリングを挑戦しましょう!

⇒ 体操選手が教える転回のコツとやり方とは?練習方法を紹介!

パルクールの技の中では比較的簡単な方なのですが、この技をするトレイサーはあまり見かけません。

ですが実際にやってみるとダイナミックな見た目で映像映えもするので覚えておいて損は無いとおもいます^^

では早速レールスプリングを深堀りしていきましょう!

レールスプリング(パルクール)の特徴

冒頭にも書いた通り、普通は平地で行う転回をレールやバーに手を掛けて回る技で、見た目がダイナミックです。

レールスプリングのやり方とコツ

1・レール(バー)を掴む

【レールスプリングは転回と違って助走を着けずにバーを掴んだ状態から始まります】

2・顔をレールの位置まで下げる

【難しい表現ですが、掴んでいるレールより少し奥側に顔(頭)を持っていき、重心を掴んでいる手に乗せていきます】

3・足を地面から離し、腕を曲げる

【足を離して全ての体重(重心)を腕全体に集めます。同時に両腕を曲げて跳ね上がる準備をしてください】

4・腕を伸ばす

【レールを掴んでいる手以外は宙に浮いている状態なので、ここで思い切りレールをプッシュするように腕を伸ばしてください。そうすることで身体がフワっと前方へ回転します】

5・着地

【回りすぎたりしたらかなり危険なので、足を前後にバラして片足ずつ着地するようにしてください】

レールスプリングで気を付をけるべきポイント

  • しっかりと前に跳ぶ

【理由】

腕を押す際に真上に押しすぎるとレールの真上で身体が回転する事になるので、着地の際に腰や背中をぶつける可能性がありとても危険だからです。

まとめ

ここまで紹介しましたがいかがだったでしょうか。

レールスプリングは見た目がダイナミックということもあり、一歩間違えたら危険な技なので始めて挑戦する時は思い切り跳ぶようにしてください。

途中で躊躇してしまうと背中からレールに向かって倒れることになり、最悪の場合背骨などの骨折を負う事にもなりかねません。

なので初挑戦する前は、転回を必ず習得するようにしておいてください。

体操選手が教える転回のコツとやり方とは?練習方法を紹介!

しっかりと抑えておいてください!

以上、レールスプリング講座でした!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2018 All Rights Reserved.