パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

シーフヴォルト(パルクール)のやり方とコツを解説!【動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

シーフヴォルトを覚えよう!

シーフヴォルトはヴォルト系の技で正面から入らず、横から入る技になります。

先にヴォルトの基礎をおさえておく事で習得は簡単になります。

パルクールのヴォルト系のコツと基本動作を覚えよう!

では早速シーフヴォルトを深堀りしていきます!

シーフヴォルト解説動画

シーフヴォルト(パルクール)の特徴

シーフヴォルトは冒頭でも説明した通り、障害物に対して正面(垂直)から入るのではなく、横側(平行)の位置から入ります。

背後に壁などがあって助走がつけられない場合に、横から助走をつけて移動が出来るのがシーフヴォルトのメリットになります。

シーフヴォルトのやり方とコツ

今回は障害物に対して平行に助走をしてる状態で、左足が踏切りという前提で説明していきます。

1・適度な助走をとる

【他のヴォルトと違い助走で勢いをつけすぎるとそのまま前方向に流れてしまうので、横に身体を流す為に2、3歩程度に助走をつけると良いでしょう。】

2・外側の足を振り上げる&左手を障害物に乗せる(掛ける)

【外側の足である右足を先に振り上げて障害物の上に通します。】

右足の振り上げとほぼ同時に内側にある左手を障害物に載せます】

3・内側の足を障害物と右足の間に通す

【内側の足である左足で踏み切ったらすぐに障害物と右足の間に入れるようにしてください】

4・右手を障害物に乗せる(掛ける)

【両足が障害物を超えた後にバランスを保つために、余った右手を障害物に乗せてください】

5・片足で着地

【ここは最初に通した右足からの着地がやりやすいです】

シーフヴォルトで気をつけるべきポイント

  • の内側の足を障害物と右足の間に通す時に左足を障害物にぶつけないように注意する

【理由】

実際に管理人がやってしまった失敗です。膝をぶつけたらしばらく動けなくなるくらい痛いので、なるべく高い位置で左足を通すようにしましょう。

まとめ

ここまで解説してきましたが、シーフヴォルトは全世界のトレイサーが愛用しているとてもお手頃な技です。

なぜかというと、シーフヴォルトは移動術としても役に立つ上、パルクールの連続的な動き(Flow)をする際に非常に使いやすい動きだからです。

今現在のパルクールスタイルは”どれだけ連続的で滑らかな動きが出来るか”という部分に焦点を置かれているので、その際に見た目もかっこよくて別の技に繋げやすいシーフヴォルトが人気になっています。

ただ唯一怖い点は膝をぶつける危険性がある事(もしかしたら管理人だけかもしれません)

それだけ気を付けて挑戦していただければ安全に実施できるかと思います!

以上、シーフヴォルト講座でした!

パルクールのヴォルト集!種類別にコツとやり方を紹介!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2017 All Rights Reserved.