パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

スピードヴォルト(パルクール)のやり方とコツを解説!【動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

スピードヴォルトを覚えよう』

スピードヴォルトは名前の通り、パルクールの数ある移動術(ヴォルト系)の中で一番早く移動できる方法です。

スピードヴォルトを覚える際にまずはヴォルト系の基礎を抑えていただきたいので以下の記事をチェックしてください。

パルクールのヴォルト系のコツと基本動作を覚えよう!

ではスピードヴォルトについて深堀りしていきます

スピードヴォルトの解説動画

スピードヴォルト(パルクール)の特徴

スピードヴォルトは、全力で走りこんで障害物を片手でタッチして跳び越える動作が特徴となります。

そして見た目(シルエット)がかっこいいのでアクション映画などでも用いられる事も多いです。

スピードヴォルトのやり方とコツ

今回は左足が踏切りという前提で説明していきます。

1・助走をしっかりとる

障害物に触る瞬間まで助走はしっかりと取りましょう。障害物の位置が高ければ高いほど助走の距離は必要になります。

2・片足踏切りをする

【この時に左足で踏み切りをすると同時に身体全体を左側へ傾けて障害物と平行になるようにします】

3・片手で障害物をタッチする

左手で障害物をタッチして、傾いている身体を支えると同時に前方へ飛ばしていきます。】

4・片足で着地

【踏切り足である左足を前に出して着地をすると体勢を戻せます。】

スピードヴォルトで気を付けるべきポイント

  • 左手を置く際に思い切り身体を横向きに傾けて障害物と平行になる。

【理由】

そうすることにより、スピードを落とす事なく且つバランスを保ったまま行えます。

まとめ

今回ご紹介したスピードヴォルトは「身体を横に倒す」動作をするので最初に置く手を外したりしてしまうと転倒する恐れがあります。

なのでしっかりと事前に障害物の状態をチェックしておいて実践するのをおススメします。

そして、スピードヴォルトは片手片足で行う技なので、様々な地形や障害物に対応するためにも左右両方とも出来るようにしておいた方が良いでしょう。

また、スピードヴォルトを使って目的地まで跳ぶ技「スピードヴォルト プレシジョン」などもあります。

このようにヴォルト系の技はプレシジョンという技にも繋げる事が出来るのでプレシジョンの基礎も習得しておくと便利です。

プレシジョンのジャンプ練習方法

是非この機会にスピードヴォルトとプレシジョンをセットで覚えてみてはいかがでしょうか?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2017 All Rights Reserved.