パルクールに関する情報&雑多ブログ

ダッシュヴォルト(パルクール)のコツとやり方とは?【動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

ダッシュヴォルトを覚えよう!

ダッシュヴォルトはヴォルト系の中では比較的簡単な技なのですが、人によっては見た目が難しく見えるかもしれません。

ですがヴォルト系の基礎をしっかりとおさえていれば誰でも出来る技です!

パルクールのヴォルト系のコツと基本動作を覚えよう!

今回はダッシュヴォルトの解説をしていきます。

ダッシュヴォルトの解説動画

ダッシュヴォルト(パルクール)の特徴

ダッシュヴォルトは他のヴォルトと違い、障害物に対して”足を先に通して後半に手を置く”といった部分が特徴になります。

ダッシュヴォルトのコツとやり方

今回は左足踏切りを前提に説明していきます。

1・助走をしっかりとる

【障害物に触る瞬間まで助走はしっかりと取りましょう。障害物の位置が高ければ高いほど助走の距離は必要になります。】

2・片足踏切りをする

【両足で踏み切ってしまうと助走の勢いがなくなるので、前に進む勢いを保ったまま片足で踏み切りをしてください。】

3・右足を振り上げて障害物を超える

【この時、手を触らなくても跳び越えれるくらい余裕のあるジャンプをしてください】

4・左足右足に揃える

【左足も地面から離れたら直ぐに右足に揃えにいくと、自然に身体が後ろ斜めに倒れ始めるので次に両手を着きにいく動作がしやすくなります】

5・両手を着く(プッシュする)

【障害物に手を置く事に成功すれば自然に体勢が起き始めるので着地の準備が出来ます。

6・片足で着地

【個人差はありますが先に通した右足から着地するのをおススメします。ヴォルトの基本である片足着地でつま先からつけるようにしましょう。

ダッシュヴォルトで気を付けるべきポイント

  • 振り上げ足(先に通す足)を高い位置で保つ

【理由】

足を高い位置に保つことにより身体が障害物に対して垂直になり、手を置く際に手首や肘への負担が少なくなるからです。

まとめ

ダッシュヴォルトは他のヴォルト系の技と違って手を最後に着くので少し感覚が違います。

ですが、”先に足が自分の身体の前にくる系”のヴォルトはステップヴォルトにも通ずる部分があるので、先にステップヴォルトを覚えておくと楽に出来るでしょう。

パルクールのステップヴォルトのコツとやり方を解説!

難易度的にはステップヴォルトの方が低いのでどうしても怖い方はこちらから覚えていきましょう^^

また、ダッシュヴォルトは後半に手で身体を支える動きをするので手首に負担がかかります。

なので事前にしっかりと手首を回しておきましょう^^

以上、ダッシュヴォルト講座でした!

【関連記事】

パルクールのヴォルト系のコツと基本動作を覚えよう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パルクール道場 , 2017 All Rights Reserved.