パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

ダブルコングのやり方とコツを解説!【パルクール基礎講座】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

ダブルコングを覚えよう

ダブルコングとはパルクールの移動術であるヴォルト系の中で高難易度にあたる技です。

ダブルコングを覚える前提として、モンキーヴォルトとコングヴォルトを覚えておいた方が良いのでまだ未修得の方は以下の記事で覚えてください。

モンキーヴォルトのやり方

コングヴォルトのやり方

この2つが出来てから挑戦してみましょう。

ではダブルコングについて深掘りしていきます。

ダブルコング(パルクール)の特徴

ダブルコングの特徴を簡単に言うと、

前半はモンキーヴォルト、後半はコングヴォルトといったイメージを持つとわかると思います。

長方形のテーブルを障害物に例えると、テーブルの前側を両手でタッチして前へ身体を飛ばします。その後にテーブルの奥側を両手でタッチして両手の間に両足を通して着地をします。

ダブルコングという名前の通り、障害物を2回タッチする部分が一番の特徴です。

ダブルコングのやり方とコツ

1・2・3番まではモンキーヴォルトと同じ要領なのでモンキーヴォルトが出来る方は4番目から見ると良いでしょう。

1・助走をしっかりとる

【障害物に触る瞬間まで助走はしっかりと取りましょう。障害物の位置が高ければ高いほど助走の距離は必要になります。】

2・片足踏切りをする

【両足で踏み切ってしまうと助走の勢いがなくなるので、前に進む勢いを保ったまま片足で踏み切りをしてください。】

3・両手を障害物の上に置く

【この時は障害物を見るのではなく目的地を直視するようにしてください。】

4・身体を斜めに倒し、2回目のタッチをする

【上半身が少し下になる程度に身体を斜めにします。そうする事で次のコングヴォルトを自然な形で行う事が出来ます。】

5・両腕の間に両足を通す

【ダブルコングは高い位置から足が降ってくるのでしっかりと両足を胸元へ引き付けるようにしてください】

ダブルコングで気を付けるべきポイント

  • 1回目のタッチで思い切りプッシュする

【理由】

1回目のタッチを思い切り押す事で身体が浮き、斜めの体制に入りやすくなるからです。

まとめ

ダブルコングは最初はかなり怖いと思うので、失敗しても安全な環境で挑戦してみるのをすすめます。

例えば、縦長テーブルのような形のものだと、手を滑らせたり躊躇したとしても危険な体勢で落ちる事はありません。

テーブルのような安全なもので出来るようになったら他の障害物や地形を利用して実践してみてください。

また、ダブルコングは移動する事を目的として作られた技ですが、見た目も派手なのでパフォーマンス等にも使えます。

是非この機会に覚えてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

パルクールのヴォルト系のコツと基本動作を覚えよう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2017 All Rights Reserved.