パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

コングヴォルト(パルクール)のやり方とコツは?【動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

コングヴォルトを覚えよう!

コングヴォルトは、モンキーヴォルトのように跳び箱を飛び越えるような感覚に似ています。

難易度は少しコングヴォルトの方が上になるので先ずはモンキーヴォルト覚えてから挑戦するようにしてください。

モンキーヴォルトのやり方【パルクール基礎講座】

では早速、コングヴォルトの解説をしていきます。

コングヴォルトの解説動画

コングヴォルト(パルクール)の特徴

「長方形のテーブル」を障害物として例えると、手前側からジャンプして奥側のテーブルに手をついて跳び越えるという動作がコングヴォルトの特徴になります。

これはモンキーヴォルトと非常に似ている技ですが、ハッキリとした違いを説明すると、

  • テーブルの手前をタッチ【モンキーヴォルト】
  • テーブルの奥側をタッチ【コングヴォルト】

という風な認識を持っていただければイメージしやすいと思います。

コングヴォルトのやり方とコツ

1・助走をしっかりとる

【障害物に触る瞬間まで助走はしっかりと取りましょう。障害物の位置が高ければ高いほど助走の距離は必要になります。】

2・片足踏切りをする

【両足で踏み切ってしまうと助走の勢いがなくなるので、前に進む勢いを保ったまま片足で踏み切りをしてください。】

3・両腕を前に伸ばす

【奥のテーブルに向かって腕を伸ばすことで前に身体を飛ばすことができます。】

4・両手を着く

【この時にしっかりと両腕に体重を乗せて身体を支えてください。(手でプッシュして体を浮かせる感覚)】

5・両手の間に両足を通す

【膝を引き付けて両手の間に入れ込むようにしてください。】

その後は片足で着地をしていけば完成です。

コングヴォルトで気を付けてほしいこと

  • 実施前に両手首のストレッチをしておく

【理由】

コングヴォルトは一度体を浮かせて手で支える動作をするので、両手首に負担がかかります。

手首を痛めないためにも実施前は入念に伸ばしたり回したりしておきましょう。

まとめ

冒頭にも書いていますが、コングヴォルトのやり方はほとんどモンキーヴォルトと似ているのでモンキーヴォルトが出来ていれば習得は簡単です。

そしてどのヴォルトもそうですが、コングヴォルトは移動術だけでなくいろんな動きに応用できます。

例えばこういう風に↓

このように両手で障害物をタッチした後、足を通さずにそのまま身体を支えて倒立(逆立ち)姿勢になったり、前方に回ったりといろいろアレンジしています。

この動きは珍しく且つ腕力を要する技なのでやる人は少ないですが、こういう風に自分の得意な動きと織り交ぜる事もできちゃいます。

ヴォルトシリーズの基礎が出来るようになれば本当にバリエーションが広がっていくので是非挑戦してみてください!

今回の講座で習得が難しかった方は下記の記事で基本を抑えるようにしてください!

パルクールのヴォルト系のコツと基本動作を覚えよう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2017 All Rights Reserved.