パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

パルクールのプレシジョンジャンプ練習方法とは?【動画解説あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

『パルクールのジャンプを覚えよう』

パルクールの移動方法の一つである「プレシジョン」という動きがあります。

目的地に向かってジャンプする、飛び移るといったものです。

パルクールをする上で必須のスキルとなるのでしっかりと覚えていきましょう!

プレシジョンの解説動画

プレシジョン(パルクール)の特徴

プレシジョンの特徴を簡単に言えば体育の授業でやった陸上の「立ち幅跳び」のようなものです。

立ち幅跳びと唯一違うところは着地の仕方です。

立ち幅跳びは着地したらそれで終わりですが、プレシジョンは次の障害物に向かって連続で跳んだりするので着地のフォームまで大切にしていきます。

また、障害物に着地をしにいくのでしっかりとバランスを取らなければいけません。

プレシジョンジャンプの練習方法・やり方

早速プレシジョンの練習方法を解説していきます。

1・両腕を後ろに持っていく

【プレシジョンの助走(助ジャン)となる動きです。ここで勢いを作っていくので後ろに振る際は出来るだけ上にあげるようにしてください。(肩に引っかかる程度)】

2・膝を軽く曲げる

【曲げる角度は人によりまちまちですが、自分にとって適当な角度まで曲げるようにしてください。

3・後ろにある腕を前に伸ばすと同時に、曲げた膝を伸ばしてジャンプする

【この両腕と両足の連動によって効率よく前にジャンプする事が出来ます。】

4・空中では前に伸ばした腕を再度後ろへ戻す

【空中姿勢のバランス維持と着地の準備をする為です。】

5・着地

【着地はつま先からするようにしてください。詳しく言うと各指の付け根で地面を噛むように着地してください】

【着地時は空中で後ろに戻した両腕をまた前へ伸ばすようにしてください。それにより着地でバランスが取れるようになります。】

プレシジョンのコツ・押さえるべきポイント

  • 最後まで着地点を見続ける

プレシジョンを実践する前に距離感を把握して着地までのイメージをつけた後、実際に跳んで最後まで着地点を見続けると着地の成功しやすくなります。

これは他のスポーツにも言える事で、「野球であればバットがボールに当たるまで見続ける」といった行為と似ています。

  • ジャンプ直前まで脱力をする

力を0から100に一気に上げる事によって爆発的なジャンプが出来ます。

最初から筋肉を緊張させていたら実際に跳ぶ瞬間に強い瞬発力を発揮できません。

脱力は瞬発力を活かす方法として有効なのでオススメです。

まとめ

ここまで解説していきましたが、プレシジョンの一番大切な部分は「着地」です。

プレシジョンの着地を一歩間違えればかなりの危険を伴います。

例えば、着地点よりも手前に着地してしまった場合は脛(ベンケイの泣き所)を打ちます。

着地点より奥に行ってしまった場合はかかとで着地してしまい膝や腰まで負担がかかるほか、高所で行っている場合はそのまま後ろへ倒れながら地面へ落ちてしまいます。

この場合は後頭部を強打したりと、危険な二次災害を招く恐れがあるので本当に気をつけて頂きたい点です。

フォームを覚えてもらった後は安全な場所で着地がしっかりとつま先で出来るように反復練習をしてください。

それを繰り返すと自然な着地が出来るようになります。

その後は距離を伸ばす等少しずつレベルを上げていってください。

では、頑張ってください!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2017 All Rights Reserved.