パルクール上達の為のお役立ちサイト / 雑記ブログ

パルクールのヴォルト集!種類別にコツとやり方を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ここではパルクールを中心とした情報を記事や動画で発信しています! 詳しいプロフィールはこちら!

『パルクールの移動術ヴォルトとは?』

パルクールの移動術として一番取り掛かりやすい技であり基礎となる「ヴォルト」。

ヴォルトはパルクールスキルにおいてとても重要な役割を果たし、ヴォルト無ければパルクールの意味が無いほど、必ず使う技です。

ヴォルトとは、足と手を両方使って物を跳び越える動作の事で、様々な跳び越え方がありそれぞれ名称も異なり、移動術だけでなく、ヴォルトを使った宙返り(フリップ)の技も存在します。

今回はそんな種類の多いヴォルトに共通する基本動作と種類別に分けた技を解説していきます。

 

パルクールのヴォルト集(種類別にやり方とコツを紹介)

難易度順に並べていきます。

ステップヴォルト

ステップヴォルトの特徴は障害物に片足をかけてもう片足で前に抜くという部分です。

ヴォルト系の中でも簡単な部類に入り、初心者の方に先ず覚えてもらいたい技です。

技の詳しいやり方についてはこちら

パルクールのステップヴォルトのコツとやり方を解説!

モンキーヴォルト

モンキーヴォルトを簡単に説明すれば、体育の授業でやった跳び箱のようなもの。

跳ぶ際に両足を広げるのが跳び箱のやり方ですが、モンキーヴォルトは”両足を閉じたまま両手の間に通す”という部分が唯一違う部分であり特徴ともいえます。

技の詳しいやり方についてはこちら

モンキーヴォルトのやり方と片足踏切を失敗しないコツ【パルクール基礎講座】

コングヴォルト

「長方形のテーブル」を障害物として例えると、手前側からジャンプして奥側のテーブルに手をついて跳び越えるという動作がコングヴォルトの特徴になります。

技の詳しいやり方についてはこちら

コングヴォルトのやり方とコツを解説【パルクール基礎講座】

ダブルコングヴォルト

長方形のテーブルを障害物に例えると、テーブルの前側を両手でタッチして前へ身体を飛ばします。その後にテーブルの奥側を両手でタッチして両手の間に両足を通して着地をします。

ダブルコングという名前の通り、障害物を2回タッチする部分が一番の特徴です。

技の詳しいやり方についてはこちら

ダブルコングのやり方とコツを解説!【パルクール基礎講座】

ダッシュヴォルト

ダッシュヴォルトは他のヴォルトと違い、障害物に対して”足を先に通して後半に手を置く”といった部分が特徴になります。

技の詳しいやり方についてはこちら

ダッシュヴォルトのコツとやり方を解説!【パルクール基礎講座】

カッシュヴォルト

カッシュヴォルトは、前半はモンキーヴォルトで後半はダッシュヴォルトといった動きをイメ―ジすると良いでしょう。

技の詳しいやり方についてはこちら

カッシュヴォルトのコツとやり方を解説!【パルクール基礎講座】

スピードヴォルト

スピードヴォルトは、全力で走りこんで障害物を片手でタッチして跳び越える動作が特徴となります。

そして見た目(シルエット)がかっこいいのでアクション映画などでも用いられる事も多いです。

技の詳しいやり方についてはこちら

スピードヴォルトのやり方とコツを解説!【パルク―ル基礎講座】

シーフヴォルト

シーフヴォルトは障害物に対して正面(垂直)から入るのではなく、横側(平行)の位置から入ります。

背後に壁などがあって助走がつけられない場合に、横から助走をつけて移動が出来るのがシーフヴォルトのメリットになります。

技の詳しいやり方についてはこちら

シーフヴォルトのやり方とコツを解説!【パルクール基礎講座】

全てのヴォルト(パルクール)に共通する基本動作

※以下の3点がヴォルトの基礎となるのでしっかりと抑えておきましょう。

1・助走はしっかりと腕を振る

初心者の方にありがちなのが、助走のかなり早いタイミングで手を着く準備をし始めるところです。それをしてしまうと、本来勢いをつける助走が出来なくなってしまい遠くに跳べなくなってしまいます。目的の障害物に近づくまでしっかりと腕を振って前方への勢いをつけましょう。

2・踏切りは片足(一部両足あり)

これも初心者の方によくある傾向なのですが、跳び箱を超えるように両足で踏み切ってしまいがちです。膝や足首への負担がかかり、前方への勢いも無くなってしまうので踏切りは片足でするようにしましょう。

3・着地も片足

踏切りと同様、脚への負担を軽減させる目的の他、次の目的地への助走をするためのステップとして、着地は片足で行うと良いでしょう。また、かかとで着地と膝を痛めてしまうので、つま先からしっかりと衝撃を吸収するように着地を行いましょう。

(一部では両足踏切りの技もありますが、ほぼ使わないので片足で覚えておいて良いです。)

まとめ

今回ご紹介した基礎が出来るようになるとほぼ全てのヴォルトに応用が利くようになります。

この技の特徴は脚だけでなく腕の力もしっかりと使う技なので、腕立て伏せ等の筋トレを行うとより遠くへ速く跳ぶ事が出来るようになります。

パルクールに有効な筋トレ!レスラープッシュアップのやり方

ヴォルトは移動術の基本です。ぜひとも基礎を覚えてたくさんのヴォルトを習得しましょう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とみりゅうのパルクール道場 , 2017 All Rights Reserved.